ここのところ、こじんまりと

 いやぁ~、今日はBC狙いの日だったのですが、体は一つしか持って無いので無理かな――。だな、やっぱり。
 ここ4日ほど(今日含め)お客さんが続いています。ほとんど単独の方や数名の方々ですが、やはり、な――にも無いよりは有難いものです。
31日に宿泊された方は、お仲間2名が毛猛山へ行き、自分は体力が無いので、近間の宿でそこら辺を散策されるとのことでした。なので浅草大橋の雪流れなんかもお聞かせし、現場までお送りしました。その方から教えていただいたのですが、何と大白川にもオオミスミソウがあったんですね。これは旧人家跡の近くなので、植え付けたものかもしれないと思います。
 結局、毛猛山行のお連れの方はお仲間が山中2泊されたとのことで、うちに急遽もう1泊されました。末沢集落からかなりのアルバイトをしなければならないため、一泊ではきつかったのだと思いますし、ルートファインディングもあまり細かく決められてなかったようでした。が、しかし、それはそれで仕方が無いのですが、2泊目は別のお客様もいらっしゃいまして、夕食は何でもいいので‥‥と謙遜されますが、まったく同じというわけにもいかずで、結構頭を悩ませました。
 1日のお客さんは何回かうちに来られたようです。「この間はお客さんを連れてきた」とおっしゃってましたので、BCガイドの方なのだろうと思います。来られた日には巻機に登ってきたそうです。なんとこの方、幅広のケーブルビンディングテレマーカーでした。
 今日、明日と登山関係のお客さんは居らず、替わって、毎年来ていただいている、某県の某スキーチームの方々が昨日今日と数名ですが、泊ります。
 結果、今日も山には行けません。これは軽い拷問に近いことなのでしょう。山に登りたいという欲求よりも、天然地形をテレマークスキーで滑走したいという欲求ですね。これは不思議なものなのです。スキー場などのゲレンデで、テレマークスキーをやっていてもつまらないのです。、後ろアルペンスキーでカービングターンをしていた方が気持ちよいです。なんていうか、スキー場は条件が良すぎるのです。なので、テレでは疲れるんです。
 嗚呼、田小屋の稜線はくっきりしてます。今日はあわよくば大岳ピストンか、大原の下祝い沢源頭まで行ってからの滑走なんかをたくらんでましたが、また仕入れなどしなければならず、機能的に無理です。 
 明日はシャルマン火打ち、明後日は赤倉観光スキー場でテレの研修会です。シャルマンは遠そうなので、日の出前に出ないといけないかなと思っています。
 ・・と、まぁ、ここで憂さ晴らしをしたので、現実をみることといたします。