今月も半ばへ

 昨日の夜に書いた記事の続きです。
 たとえばスキー場などのゲレンデで、いろいろ試行錯誤しながらトレーニングをするという方法ももちろんありですが、やはり実践に勝るものはないですね。BCでは色んなシチュエーションがあり、良い条件下での滑走は本当に稀です。いろんな多岐にわたる雪質やコースの荒れ具合など、様々なシチュエーションを滑り切る技術が必要です。
 で、昨日気づいたことは、上体を立てるという事です。普段は猫背タイプの姿勢なので、スキーにはとても不合理な姿勢です。背骨が伸び、頚椎も背骨と同じ角度に伸びていなければなりません。もともと首だけが前傾している(頭部が前に出ている)姿勢でしたので、ことごとく脛に荷重が行き過ぎ、詰まった感じの滑りになっていたんですね。スピードに着いて行こうとすると、どうしても前傾過多になりがちですが、意外にスキーに力が伝わらないものです。結果として、膝への負担も増していたのでしょう。

 ここのところ、守門浅草ではBC登山者が減り、歩きの方の割合が増えている気がしますね。徐々に雪が締まり、ワカンの必要も無くなってきたせいもあるでしょう。代わって、スキー山行には不向きな状態となってきました。あちこちに藪が露出し、各所にトラバースしないと行けなくなりました。ただ、まだまだ楽しめる部分もありますので、今年は多少の藪露出でも登山道整備の時期までテレマークをしつこくしたいと考えています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2021年04月13日 04:57
閲覧感謝