餅は低下

 昨日は早めに雨が上がり、浅草でも‥と向かったのですが、エコのあたりで雪が積もり始めていて、登山道は当然雪で。もちろん、上は30cm近くはあると思われ+灌木の雪が垂れ下がり登山道をふさぎ・・・・などなど嫌々虫が体中から湧き出てきてしまいました。かといって、里山の貧弱な景色はあまり好きではありませんし、結局、ゴミなどを整理し軽く燃やしたりしてました。
 ゴミ片付けは午前中いっぱいかかり、天気も良くなってきたので軽い山でも行こうかと、気になっていた杤尾の大平山へと向かうつもりでいました。しかし、穴沢ですでに午後1時半を過ぎてましたので、帰りは薄暗くなるかもしれないと思い、やめました。結局、その後、山林仕事の伐根でも眺めに行きました。自分の切った伐根を調べ、いろいろと反省会しました。

 一昨日昨日と、あちこち整理していたら、なんと40年前のカセットテープが出てきました。22才の頃旧入広瀬村の生活改善センターと言うところを借り、初めてのフォークコンサートを実施したのでした。当時は、かぐや姫・井上陽水・浜田省吾・甲斐バンド・松山千春などをコピーしていたのですが、なかなか一生懸命で、良い音源を発掘しました。こういうのを見つけると、またあの頃のように…・なんていう、甘い虫がうずき始めるんですよね(笑)。

安くてそこそこモノも良い

 昨日は勤労に感謝してお休みでした。家業も当分予定はなく、(´;ω;`)ひっそりとしてます。
 朝方から昼前まで少しうだうだし、知人に冷凍ナメコを送るためにかみさんと出かけました。2006年の頃から東京のとある詩誌に投稿を依頼され、散文や詩を年に数回メールしてましたが、そろそろいいかなという事でリタイヤのメールを送り、お礼かたがた旬の山の幸を送ったのでした。散文や詩は月に5回ほど某投稿板に投稿してまして、創作そのものをやめるわけではありません。

 20日の日も土砂降りの中ブナ植えでしたが、古い雨具なので背中から雨が入り込み、かなり濡れてしまいました。2年前の6月ごろ雨具を登山道整備中に置き忘れてしまい、あっちこっちを探したんですが見つからず、やむなくコメリ製の5,000円の合羽を買いました。これでその後の登山道整備に使ったり、登山にも使ったりしてましたが、森組の作業では使ってませんでした。
 今春、以前の合羽で特抜作業していたところ、ワイヤの切れ端でずいぶん痛めてしまい、廃棄。その後今のものを使ってましたが、それも今年の長雨でフルに使い古してしまい、劣化が著しく給水効果抜群の雨具になってしまいました。
 小千谷ではワークマンと作業着専門店が隣接してまして、最初はワークマンに立ち寄る予定でしたが、満車で無理。作業着・・・に行きました。いまではメーカーものと代わり映えしないデザインで、普段着の上っ張りにも使えそうなものがたくさん置いてあります。収納袋も付いてますし、1年に一回こういう5,000円弱クラスを買い変えても良いのかなと言う気もしました。

無題

 2回ほど雪が降って、先週あたりから気温が上がりました。今週は徐々に気温が下がるようで、週末には雪マークが出ましたね。今度は根雪になるのでしょうか。なんだかんだ言っても、冬は必ずやってくるわけですので、あきらめるしかありません。
 昨日はイイ天気でしたが、山には行けず勤務の山作業でした。残り少ない晴れ日という事で、急務だったブナ植え作業を進めるべく、出れる人のみで作業しました。障害物が多いので、植える間隔もイマイチ合いませんが、土が比較的柔らかく、植えやすいので手間取りません。明後日はフルメンバーですので、午前中で終わると思います。
 今日も浅草あたりに行ければ行きたいと思っていますが、たぶん行かないでしょう、あんまり天気良くないし。

暑い

 一昨日からブナ植樹をしていますが、暑いんです。半袖ではありませんが、肌着一枚で土を掘り起こしブナの植え付けをしています。下地はススキとヨシで、下層には石がゴロゴロ。おまけに木の根っ子もワシャワシャしてまして、とても植えにくいんです。はたしてしっかり根を張ってくれるんでしょうか?来年の下草刈りの時に元気に育ってくれていると良いのですが。
 ここのところ、山にはさっぱり行ってません。守門浅草の山仕舞いの後は、趣味の山という事で各地の低山や中級規模の山を散策するのがここ数年のマーブームでしたが、所用等重なりなかなか行けてませんね。連休もあまり天気は良くない感じですが、一山くらいは行ってきたいと思いますね。

 いよいよ冬という事で、山スキー好きの方々にはよだれの出る時期ではないかと思います。私は体力的に真冬は厳しいと思いますので、安定期に入る三月頃から始動できればと思います。まぁ、冬季にトレース泥棒が可能な山塊であれば、出向くことも考えていますが基本は春めいてきてからですね。それはそうと、今シーズンはNTNを買い、太板での山スキーを・・・と目論んでおりましたが、今年の御時世で懐も寒風に見舞われ、せいぜいシールの新調くらい(もできるかどうか)かなと思っています。
 カエルのように土の中で冬眠したい心境ですね。

2回目の雪

 11月4日に初雪が降り、9日から山沿いを中心に降り続いた雪は10日未明まで降り続き、山地はすっかり雪に覆われました。9日夕方にネズモチ平まで最後の管理をするべく出掛けましたが、その時にすでに20cmの積雪がありました。その後日の閉鎖作業は役所の方が歩いて行ったそうです。よって、大白川地区の登山道はほぼ封鎖状態となりました。今後、好天が続くようなので再び行けるかもしれませんが、ほぼ冬の装いとなっています。
 勤務仕事は9日は鳥屋が峰方面でしたが、終日みぞれのような天候で刈り払い機がちょくちょくアイシングを起こし不調でした。もう過去に何回もこういうケースがあったので、改善してほしいのですが、一向に意見は通りません。
 昨日一昨日は、標高600メートル近くのアスファルト道の除雪を行ってました。他所の方々が伐採したブナの木をオガ粉として再活用するため、大型トラックで搬出しに来るとのことです。そのために地道に投雪機で除雪してました。石やグレーチングと接触したり、ピンを4本飛ばしました。また、水っぽい雪がシュートに入ると詰まってしまい、何回も中の雪を除去したりしました。
 本日より、雪が落ち着き、現場に入れるようなので、ふたたび大倉地区鳥屋が峰の現場です。雪がかなり残っているため、足場が悪いので注意しないといけません。

ノンタイトル

 来週からネズモチ管理という閉鎖の作業にかかるようですので、トイレなどは道の駅や浅草地域公園内のトイレで済ませるようにお願いします。大原登山口の簡易トイレはたぶんもう撤去済みかと思います。
 3日はそこそこの天気でしたが、4日は夜明け前は雨でしたが、夜明けとともに雪が降り、あたりは銀世界になりました。ここ数年では早い初雪ですね。おかげで、勤務仕事は飛び、雪に降る中、自分の車と事業所の車をそれぞれタイヤ交換しました。1日慣れない寒さの中での作業で骨まで寒さが食い込み、帰ってから湯船にまったりと浸かりました。とても気持ち良かったです。
 勤務はブナの稚樹の植樹でしたが、雪の上から植えると腐るという事で、当分できないようです。代わって、鳥屋が峰近くの杉の植林地の除伐作業が入り今は其処に通っています。またまた刈り払い機を使う地味な仕事ですが、仕方ないですね。

もう11月

 勤務仕事は先週で間伐作業が終わりました。伐採はやはり花形ですし、楽しかったですね。スリルも味わえましたし(笑)

 一昨日は、家業もありましたが、雪が心配なので浅草の店仕舞いに行ってきました。途中で広井さんと遭遇。この方とは吉ヶ平から大岳まで。
黒禿の頭。過去2度ほど御一緒したことがありますが、今の体力では同行することは私には無理かと思っています。ですから、マイぺーㇲでとことこ登るというのが今の自分のスタイルですね。
 雪は最悪20cmくらいはあるかもしれないと予想してましたが、5cm程度でしたので作業には全く支障なしでした。ただ、道標を抜いた後のマーキング用にスプレーを買ってきたんですが、多少の雪もあるのでそれは回避しました。後日、天気のが良く、雪もなければ行きたいと思っています。
 昨日は、久々の八十里をお客さんと。山の会で活発に活動をされている方々なので、私の案内は不要とアピールしたのですが、必要とのことでやむなく御一緒させていただきました。私よりやや上の方々でしたが、持病持ちの私よりは皆さん健脚で若干煽られ気味のコース案内人でした(苦笑)
 山の幸もそこそこありましたし、天気もそこそこ、紅葉もまずまずでしたので、いい山だったんではないでしょうか。
 そんな感じで、山の作業は大方終わりました。あとは雪がドカッと降るまで、晩秋の山を楽しめればいいかな、と、思ってます。