一ヵ所終了

 昨日、八十里越えの魚沼市分除草を終わらせました。今回は旧林道部分を広く刈ったのでその分かなり時間をロスしました。なので山道の方はやや狭めです。歩くのに支障がない箇所は放置です。
 来週から守門、浅草の登山道除草に入ります。雨が降らず、暑くない気候になればいいですが。

 八月も今日で終わりです。コロナの関係で家業は激減しましたが、替わって勤務に勤しみました。しかし、酷暑でしたから体は悲鳴を上げ、持病関係の不具合も散見し、なんとか仕事もこなしてきました。
 健康に関連して、8/23で禁酒満一年を経過し二年目に入りました。一時はあまりの暑さに冷蔵庫のビールを見ては生唾を飲み込むことが多かったのですが、最近は平気で、ノンアルを飲む機会が増えました。仕事上がりのアレは喉越しがいいですね。飲んでも頭がクリアなままなので、爽快です。グダグダ感がないというか。
 タバコはやめて18年経ちますが、止めた当初はきつく感じましたが、その後はあまり気になりませんでした。でも、お酒は飲みたいという欲求はかなり続きましたね。最近、酔った時のもわっとした感覚と心拍数が上がる感じが不快に感じるようになってきたので、順調かなと思います。
 酒飲まないの?っていう、疎外感は当然ありますが、ほどほどに嗜むという器用な人種ではないため、すっぱりと止めたのです。

 という事で、私はノンスモークノンアルですが、お客さんは規制してません。むしろたくさん飲んで売り上げに貢献していただくことを希望します。

(;^_^A汗日記

 毎日酷暑が続いています。20日と21日は炎天下のブナの稚樹の下草刈り。誤伐の恐れがあるので注意して刈りますが、やはり若干やらかします。ピンクテープを巻き付けてあるんですが、それが根元部分だったりするともう解りません。一応、2メートル四方に植え付けてありますが、畑じゃないですからね。天然地形の草や木を伐ってそのすき間すき間に植えたので、その間隔はラフです。それでも、昨年晩秋に植えた私の担当した部分のブナは結構生きついていました。このまま私らが死んだ後もしっかり生きていってほしい、そう思った次第です。さすがにあと100年は生きられませんからね。

 お盆休暇の13日から秋の整備を開始しましたが、13日と14日はちょっとづつ浅草岳ネズモチ管理棟内および大駐車場周辺の除草を行いました。15日からはいよいよザックを担いでの作業となりましたが、昨日一昨日とその続きを実施しました。幸い、田代ゲートから10分ほど車で乗り入れることができるようになったので、歩く時間は40分ほど短縮できます。
 一昨日は芳ヶ沢というところから午前中いっぱいかかり、新しく崩落した部分の捲き道を作って昼食としました。午後はようやく八十里の山道部分に着き、核心部の木の根峠間を刈りました。木がないところなので、ほとんど草藪で人の分け入った痕跡は皆無でした。この辺だよなぁ〜と目星をつけて刈っていましたが、ほぼ間違いなく刈れたと思います。
 昨日は、木の根分岐から田代平を経て明治新道の橋の橋台の沢まで刈りました。その後戻って湿原内と久しく刈っていなかった南方向を刈りました。湿原内にはここ数年前から棲みついているイノシシの獣道があり、蒐場まで形成されていました。
 作業を終え、旧林道の終点に着くと木の根峠方面からトレラン風のおじさんが走ってきました。なんでも吉ヶ平から木の根峠までを往復するのだとか。あの草藪をトレランスタイルで来るとは。いやいやたまげましたね。

 詳細?でもありませんが、ホムペにアップ済みですのでそちらもご覧ください。なお、わがサイトも新しくリニューアルを考えてますが、うまくできると良いのですが。

今季初被弾(´;ω;`)

 お盆明けから破間川ダムの堤体を渡って某所の除伐作業に入っています。月曜は、酷暑の中炭材を少し切りました。昨日から除伐作業です。
 作業開始からぐんぐん気温は上がり、しかも最初の取り付き部分は直射日光が差す場所でしたので、大汗ものでした。とても雨の多かった先月のように10時一服まで休まずにはいられませんでした。
 作業中の水分補給は普通の常温の水ですが、容器に梅干しを入れてあり、それを食べては水分を摂るという方法です。これだと、しっかり体液になる気がします。
 午後も暑く、3時15分前に大休止し、その後少し気温が下がってきた間にピッチを上げて刈り始めたのですが、やられました。かなり素早く逃げたつもりだったのですが、追われましたね。幸い細アシナガ系の種でしたので、痛みと腫れは少なくて済みましたが、その後も何か所かいました。午前中には、同僚の平井さんも刺されたようです。
 今まで、手の甲や指を刺されることが多く、そのためにゴム手を履いて作業していましたが、残念ながら肘から少し下の部分をやられました。午前中の厚手の作業着を着ていればやり過ごせたのかもしれませんが、午前中の暑さで午後からは薄着で行ったせいもあるのでしょう。
 特にここにきて暑くなっていますので、より活発になっているのでしょうか。作業効率を考えるとピッチを上げたくなりますが、それよりもわが身を守りながら恐る恐る作業することといたします。幸い、蜂の抗体値は最大でスズメバチ系が0.1と低いですが、刺されないに越したことはありません。

秋の整備開始

 盆はわずかな家業をこなしつつ、13日は午前のみネズモチ駐車場近辺の除草から開始しました。盆休みということもあり、何台かの車がありました。
 細かい箇所の除草はロープカッターで草を粉砕刈りします。ロープカッターの利点は草の小さなものがたくさんある場合や、構造物近くの草、とにかくまどろっこしいところの草の除草には最適です。しかし欠点は、小石まで蹴散らすことになるのでその飛沫が車などに当たることがあります。これで2回ほど勤務の車と自分の車のサイドガラスを粉砕したことがありました。とにかく車の近くでの作業は厳禁となります。ただ、そんな時に限ってロープカットしたい場所に車が停車されているというケースが多いので、うまくいきません。
 13日はGWに来れなかった関東方面の常連さんが来るというので、午前中で引き揚げ準備。翌14日も10時ごろまでお付き合い。その後早飯食って再びネズモチへ向かいました。バイク含め、7台ほど停車されており、とてもロープを使う場面ではありません。なので、駐車場の側面部分を通常のチップソーで刈り始めました。
 家族連れなど3時過ぎにようやく誰も居なくなったので、ロープですべて刈り取り終了。

 昨日から田代林道へ入りました。雑草が大分進出し、かなり酷くなっていました。なので作業は遅々として進まず、芳ヶ沢直近までで作業終了。休まず、1時間20分歩き続けゴール。今日もやろうかと思ったんですが、ここ20日ほど休みなく動いてましたので無理せずお休みとしました。

ヤバいぞこの暑さは

 って思いました、昨日は。
 この連休は、団体さんの仕事があって久々に忙しく、厨房のいやらしい暑さを満喫。ついでにずっと研いでなかった包丁も研ぎました。
 昨日は、団体さんも朝で帰り、日中は公園整備の勤務でした。いやー、午後からの暑さはビリビリ君で風もなく、さすがに途中で休憩を挟まないと病院送りになるなぁと思いながらの作業でした。
 帰ってから2名ほどの登山者の夕食づくりをやって後片づけをしていると、小千谷М氏から小出の笠倉山に行ってきたとのメールを発見。昨日の天気で標高1000メートル弱の山ですから、自虐の山旅だったことでしょう。

 大雲沢で寝てると1階なので風が入り、夜はエアコンが不要です。窓を開けて寝てますが、夜中に寒くなって窓を閉めてしまいます。
 今日も暑くなりそうですね。無理せず、休憩を取りながらちんたら仕事すると致します。

もうすぐお盆ですね。

 我が家は未だ両親が健在(内臓的に)なので、お墓はまだありません。なので盆と言うとあまり感慨は今までも今もないですね。関東がアレですので、子供たちも帰ってこないでしょうし、実質3日のみの休みですから、簡単な除草作業を1日くらいやってあと2日は予備日としたいですね。
 今日は低気圧のせいか、気温もやや低めで外作業も多少汗をかく程度で済みました。
 明日から明後日と久々に多忙さを体験できそうです。今日は勤務仕事を終えて、仕入れに出かけてきました。小出のスーパーさんに行ってきたんですが、人が少なく冷房がガッツリ利いていて寒いくらいでした。お客さんは皆それぞれマスクがすっかり定着し、マスクをしていない人は皆無ですが、エーコープなんかではまだマスク無しのじいちゃんとかたまに見かけますね。

 今年の堅果類は?とちょっと心配してましたが、ミズナラのドングリも徐々に大きくなってますし、ツノハシバミも結構ありますね。最近、どこそこの里に熊が出たとかニュースになってますが、山菜も終わり、木の実はまだ未熟な時期ですから、里の畑辺りを狙っての出没なのでしょうか。
 暖冬による少雪で二ホンジカやイノシシも多くなってきています。ますます食べ物の競争が激化しているようですから、里に出るのも仕方ないのかもしれません。2004年ごろの下越水害で吉ヶ平まで歩いて行ったことがありましたが、その道中の田んぼで猿が稲を食ってましたしね。
 猟銃所持が厳しくなり、挙句に猟期は短いので、私は猟をやめましたが、今となっては若干後悔したりする部分もありますね。でも公安の立ち入りだとか検査とか、所持許可と狩猟免許の二本立ての更新が煩雑でもあり、よほどの富裕層じゃないと銃所持は無理だと思います。・で、獣が里に出ては猟友会の人たちが高齢化し人手が居ないとか言ってるんですから。で、猟友会の人が射殺しました見たいな悪者仕立てするマスコミとか、あり得ないでしょ。

秋めいてきました

 近くの建設会社さんのお手伝いで、ネズモチ平手前の県道除草を行っていましたが、昨日で終了となりました。
 道路の脇の湿っぽい箇所にアカソという植物が多く生えています。そこにフクラスズメ(「スズメ蛾の仲間)の幼虫が居て気持ち悪かったですね。アカソのという植物を刈るとその振動か何かに反応するのか盛んに首をゆらゆら動かすのですが、それがまた気持ち悪いんです。
 「虫は嫌い」という方々の声を聴くとちょっと嫌悪感を抱きますが、やはり正直なところ、こういう幼虫ものはいけませんね。アゲハの幼虫のキューちゃんなどは結構可愛かったりします。キューちゃんというのは、幼虫のくせに「キュー」と鳴くんです。なので、毛虫以外の幼虫なら触れます。

 ここのところ、少ない人数ですが登山関係で連泊が続きました。このご時世の中、大変珍しい現象です。
 除草と家業を同時にこなすという、なかなかハードな日々でした。まぁ、営業的には少ないものでしたが、時節的にありがたい限りです。

 自分の使っているpcはだいぶ前の中古品だったんですが、ノートに変えることにしました。今のpcは相当亀になってきており、かなりヤバくなっていました。電脳関連は特に苦手なので、keyboardを叩くくらいしかできませんが、なんとか仕事でも使える様になりたいものです。