久々に保久礼から

 最近は大原から登って保久礼とか二口に下山することが多かったのですが、昨日は霧雨のため保久礼から入りました。
割と短時間で登っていたんですが、身体的に無理が利かなくなってきたのか、1時間半ですら到達できないコースタイムとなりました。しかしながら、守門岳までは3時間弱で至れましたので、まぁ良しとしなければと思います。原因としては安価な雨具で行ったため、蒸れてしまい全身ずぶ濡れ状態となり、かなりの疲労度だったのだと思います。また、雨の影響で大岳直下は川状態でした。でも、ヒメサユリは結構あって、まだこれから咲きそうな蕾もたくさんありました。 
 雪に関しては、やはり今年は小雪のせいか大池分岐付近の三の芝にはほとんど残っていませんでした。通常はまだまだ雪が残るところなのですが、ニッコウキスゲですら咲き始めていました。
 2000年の9/3にようやくニッコウキスゲが咲いていたのですが、小雪などで変わるものですね。なお、詳しくは当サイトの記事をご覧ください。