テレマークスキー⑯(3/15浅草岳早坂尾根滑走)

 昨日は、ホテル跡から林道を桜曽根まで行き、状況が良ければそのまま浅草岳へ向かう予定でした。しかし、エコミュージアム入り口付近先の県道終点から眺める桜曽根はあまりに遠く見え、急遽早坂尾根へと向かってみることにしました。なお、 細かい内容はサイトにありますので画像と共にご覧ください。

本日のテレマークスキー考⑯は、昨日の滑走について書いてみます。
山頂から大三本沢源頭近くまでは、凍ったアイスバーンでした。こういうところの滑走はとにかくコントロールを重視する必要があり、ターン始動期には前足の迎え角を十分にとり、少し極端なくらい外向を意識します。無意識にターンしてしまうと腰が回りやすいアイスバーンですから、適切に雪を押しずらす必要があるので外向過多なくらい上半身をセットします。
 アイスバーンが徐々になくなると、今度はスカブラ状になった締った雪がクラストを形成していました。ただ、この程度なら板はかき分けてくれますが、ターン始動期には前足で探りを入れるように始動していきます。
 大三本沢の源頭を過ぎると大変滑りやすい、プチパウダーで滑走性も良く楽しく滑りました。雪が少ないので灌木が多く、あまり滑走ラインは自由にとれませんが、それでも楽しめました。 
 技術的に注意したことは、切り替え時に中間ポジションで腰の下に板が来るようにし、ターンはすべて脚の伸展によるものとしました。これを意識すると、幾分脚の疲労が軽減できる気がします。
 早坂尾根での楽しめる滑走は此処までという山スキーヤーが多いですが、この長い平地もまた楽しいものです。平地が終わると下の清水沢への下降となりますが、これはそこそこ変化があり、急な斜面もあります。ここでは、しっかりスキーを振り、ターン後半のマキシマムをしっかり意識してその反動で次のターンへと入るように心がけました。ところどころの灌木がなければもっと痛快に滑走できるのにと、少し残念な気もなりましたが、でもまぁ結構楽しませていただきました。
 下清水沢が開いているので、その隣のピークから程よいランが可能な所を探して滑走を試みますが、朝の厚いクラストが半解けでしかも中のザラメはグダグダ。なおかつ表面はストップスノー気味で、まるで蟻地獄のように板を取られます。
 私の板はカービングで曲がりやすい特性はありますが、センターが80mm以下なので、とにかく埋まります。条件がさほど悪くない上部では問題ありませんが、気温が高い下の方は不利だと思い知りました。来年はセンター100mm程度にしないとですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント