テレマークスキー⑩

昨日は、カモシカ調査ではなく、勤務仕事の関係で半日強山歩きをしてきました。良い天気で、かなり汗をかきました。
 雪は腐り、こんな雪質の時は太い板が良いんでしょうね。理想であれば、その場その場に応じ、適正なギアを調達し使いこなすことができればいいのですが、すべて上から下まで同一の条件ではありませんから、難しいですね。
 自分は、テレマーク板は2本ありますが、ほぼ同じ太さです。よって、有るものを使って、技術の引き出しを広げていくしかないかなと思っています。

平地では、ムクドリもやってきていました。
破間川ダムの湖面には、オシドリの群れと、キンクロハジロが居ました。長閑な昼下がりで、早めの移動でも考えているのでしょうか。



前回はテレマークターンの初歩的なものからテレマークターン基本形の話をさせていただきました。
 今日は、テレマークターンを解体し、それぞれの外足、内足の使い方などを書いていきたいと思います。
 テレマークターンの基本形で、ターン後半内スキーの踏み付けを強め、ストックを突き、そのまま内スキーを踏みつけながら次のターンへと入っていきます。結果的にそこで外スキーと内スキーの入れ替えが行われますが、あまり次の内スキーの圧を早く使うのではなく、ニュートラルなポジションの時間をたっぷりとり、フォールライン手前あたりから内スキー荷重を強めていきます。ですから、ターン開始は外スキーで入り、徐々に内スキー荷重を強めていきます。
 荒れた斜面や、少し起伏のある斜面などでは外スキーで探りを入れ、なるべく早く内スキーに荷重を加えるとよいでしょう。

次回は、外向外傾姿勢の必要性と必要でない場合などについて書いていきたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント