大岳撤退

 昨日はシール登行ではなく、TXLタイプの重めのスノーシューでテレ靴で歩きました。シールも持参していたのですが、増えるのはスノーシューの重みのみという事で、トライしたのです。これは実は、シールの接着面が緩くなってきたためで、昨年アウトドアショップに聞いたところ、今年はもう入らないという事で断念していたのです。 
 例年は、今の時期ですと豊富な雪があり、山スキーなどやる暇もないのですが、今年は小雪過ぎるくらいの小雪で、暇もあり、この時期の山スキーをという事で向かった次第です。また、アルペンスキーでは深雪滑走はそこそこ豊富な経験がありますが、テレマークスキーは今一つ機会に恵まれず今に至っていて、機会があればパウダーをと思っていたところの昨日でした。
 ただ、不動平あたりで吹雪いてきてしまい、取りあえず下山をしないといけないと思い、バタバタしていたのでしょう。とてもパウダー滑りどころではなく、いたるところに灌木がが林立し、ターンするスペースもないというのが現状でした。
 キビタキ小屋あたりから、ところどころ滑走スペースがあり、そこで少し練習を。新雪という事で、普段よりも後ろ過重は当然なのですが、足首が起きたままの後傾では、やはりバランスが乱れますね。懐を深く取り、テレマークスタンスを保持しつつ足首をしっかり曲げるという事を意識すると、かなり湿雪でも普通にスムーズに行けました。後は、若干のベンディング切り替えを意識したところ、これもまた結構スムーズに行けました。あまり楽しめるスキー山行ではありませんでしたが、練習テーマを全うできた気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

あさい
2020年02月05日 14:54
気持ち玉、ありがとうございます。