守門岳山開き準備

 15日か16日のどちらかを守門岳整備にと考えていましたが、完全な雨では整備ができません。
なにしろちょくちょくザックから道具などを引っ張り出さなくてはならず、雨オンリーではぐずぐずになってしまいます。
 危険木回避表示の張り直し・道標四か所の埋め直し・虎ロープ4本設置・山頂植生保護ロープ設置・支障木カットを実施しました。
予報が悪くなければチェーンソー持参でという事も考えましたが、今回は表示板やらロープ設置もあるので、回避。
すべて手鋸と鉈で対応しました。
 特筆すべきはこの時期での異常と思える小雪です。この時期に水場の雪もなく、ましてや大池分岐までも雪が無いというのはこの時期としては初めてです。
それと、病的ともいえる強風ですね。ヘルメットを飛ばされ、素頭で下山しました。
 ということで、取りあえずざっとですが、守門・浅草主要ルートのパトロールを終了しました。
時間があれば、布引道の手直しもしたいところですが、折を見てですね。
下動画は、水場付近と大池分岐の先の雪堤です。
https://youtu.be/B-DX9lHczOY
https://youtu.be/wawowpSQhYA

17日、追記です。
とにかく、この土日は悪天でした。しかし、思わぬお客さんが居たりと、まずまずな土日といってもいいですね。
15日は、知人の八十里トレッキンググループが宿泊していただき、大いに飲食していただき良かったです。
それと、昨日は、本来当宿主催の八十里ツアーでしたが、圧倒的な悪天予報で中止と伝達したのですが、お客さんは自分たちで行くという事で早朝へ吉ヶ平まで送っていきました。
 山慣れしてるとはいえ、ずっと心配していましたが、無事所定の時間に到着。
大麻平手前小一時間のナコウ沢の増水だけが心配でしたが、大雨時間のタイミングより一足早い通過でしたから良かったのでしょう。
 
今週後半から登山客が続きます。
あくまでも予定ですので、この土日のように明らかに悪天予報の場合はキャンセルも出ることでしょう。
その場合のキャンセル待ちのお客さんの対応もしっかりしていきたいと考えています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック