風・・・季節はめぐる

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅草岳スキーツアー、今季催行無しとなりました。

<<   作成日時 : 2018/04/16 07:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 一月二月の大雪で、スキーツアーはおろか、スキー場も連休までばっちりで、しかも山スキーも連休以降も大丈夫だろうと思われていましたが、三月の異常高温と無降雪で雪はぐんぐん消え、山スキーの賞味期限間も残り少なくなってまいりました。
 昨日の浅草岳スキーツアーも、ぎりぎりまで引っ張りましたが、雨で中止といたしました。
毎年予定していた白崩沢コースの尾根筋が藪だらけとなり、急遽早坂尾根を滑走するという主旨で参加者に連絡、その後12日に下見に行ったんですが、再び一転、ムジナ沢を使おうということになりました。
 昨日の時点で、ムジナ沢から入った場合、滑走はできるものの、取り付き部分の杉の植林地の雪の融雪が早まっており、また、杉自体の間隔が狭く、危険であるということで来週のツアー分のついても中止とさせていただきました。
 早坂尾根推しの私としては大変残念ですが、あまり滑るところがない、平地が長い、ボーダーは不向き、途中の林道のブロック崩壊がいやらしい、などの理由からツアーとしては催行しないようです。
たしかに、早坂尾根の滑走時間は短いですが、意外と距離があります。
大三本沢源頭までは一息ですが、そのあとの左沢源頭までも結構滑り出はあります。
その後の平らな部分も、スキーさえ滑ればさして時間はかかりません。また、早坂突端から左沢左岸尾根を滑り、下清水沢への下降も結構楽しいものです。そこからの林道滑走も、スキーなら三十分ほどですからまったく気になりません。ただ、アルペンスキーの場合はもの足りないかもしれませんね。アルペン板での平地滑走は、テレより劣りますし、ちょっとした登り返しも結構堪えますから。
 来年は、元に戻し、4月第一週日曜日は白崩沢コース、2回目は基本白崩沢コースですが、尾根の雪が不足している場合はムジナ沢にする旨、意思の疎通を図りました。
 今後、状況を見て、取り付き部分の整備などする予定です。その辺が整備されれば、北岳(鬼が面山山塊)へのアプローチも容易となり、北岳の至る稜線が藪であっても、ムジナ沢を詰めてきただけに至るという設定も面白いでしょう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
浅草岳スキーツアー、今季催行無しとなりました。 風・・・季節はめぐる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる