雪山掘削を試みましたが

 昨日は、7日ぶりの休みでした。だいぶ仕事の方は慣れてきたとはいえ、他の作業をやったりでまだまだスムーズというわけにはいきません。そんな感じで日々を送っていますので7日缶がとても長く感じてしまいます。ようやく休みとホッとしたのは束の間、やはり予想通り森組から出勤要請が来まして、午前中出勤。結局年末28日以降一日通しでの休みはありません。
 自分の投雪機が未だ部品が来ないので未だ使う事が出来ず、午後からは再び森組の投雪機を借りました。以前飛ばしたところが雪の塊の山となっていまして、一ヵ所は何とかスコップなどで崩しながら飛ばすことができ、雪山を崩落させて貫通成功しましたが、大雲沢の裏手の雪山は雪が固くてスコップは刺さらず、切り崩しも不可能でした。もうちょっと気温が上がってからでないとこの雪山は処理できないようです。
 実際のところ、大雪と言われていますが、それは里の話です。長岡とか小千谷、下越地区など、近来にない大雪だそうですが、こちらは未だ3メートルほどですからさほど驚く数値でもありません。とにかく、寒波が連続しなければいいのです、この間の連休みたいに。

"雪山掘削を試みましたが" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント