年が明けました。

 年末年始は除雪とスキー場で明け暮れました。今日はお休みで、家業を少しやります。細かい事務作業を行う必要があるのですが、連日の雪で朝晩は忙しく、時間が取れません。大雲沢は落雪式なので雪下ろしはしなくて済みますが、一旦落ちてしまった雪は氷山のようになり、投雪機で一発で飛ばすことは無理です。なので、スノーダンプで氷山を崩してから飛ばすという手法をとる必要があります。一方、隣の自宅は昔ながらの雪下ろし作業をするのですが、小さい家ながらも1時間半から手間が掛かれば2時間かかります。年内に父が1回、私が2回下ろし、元旦の3時過ぎから4回目の雪下ろしとなりました。ここのところ、朝晩の除雪ではヘッデンを使うことが多いですね。
 昨年から冬は森組の出向で須原スキー場のリフト番に行ってますが、昨日と一昨日はお客さんがたくさんいましたね。目立ったのは、若者のパウダー狙いの方々。みなさん何人かのグループで滑っておられ、特にスキーで目立つのはワイドのロッカータイプの板です。かっこいい板とウエアー・・・、相当高価なんだろうな?と思いながら立ち番をしてました。
 基礎スキー派っていう方々は少なめでした。基礎スキー的な方々もおよそウエアーと板で察することができます。基礎スキーと言うのは、「今はこういう滑りをしなけれならない」的な滑りとでも言いますか・・・・。私もその末端に居る人種ですが、もう功労指導員になりましたし、研修会も出なくてよいほど指導を重ねてきました。なので、これからは自己流を謳歌できればと思ってます。いつか、ロッカー板でも履いて若づくりしたウエアーでふかふか雪を滑るのが夢ですね。ちなみにまだ今シーズンはまったく滑ってません。下手すると春の山スキーが初滑りになってしまうのではないかとすら思ってしまいます。

"年が明けました。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント