もうすぐお盆ですね。

 我が家は未だ両親が健在(内臓的に)なので、お墓はまだありません。なので盆と言うとあまり感慨は今までも今もないですね。関東がアレですので、子供たちも帰ってこないでしょうし、実質3日のみの休みですから、簡単な除草作業を1日くらいやってあと2日は予備日としたいですね。
 今日は低気圧のせいか、気温もやや低めで外作業も多少汗をかく程度で済みました。
 明日から明後日と久々に多忙さを体験できそうです。今日は勤務仕事を終えて、仕入れに出かけてきました。小出のスーパーさんに行ってきたんですが、人が少なく冷房がガッツリ利いていて寒いくらいでした。お客さんは皆それぞれマスクがすっかり定着し、マスクをしていない人は皆無ですが、エーコープなんかではまだマスク無しのじいちゃんとかたまに見かけますね。

 今年の堅果類は?とちょっと心配してましたが、ミズナラのドングリも徐々に大きくなってますし、ツノハシバミも結構ありますね。最近、どこそこの里に熊が出たとかニュースになってますが、山菜も終わり、木の実はまだ未熟な時期ですから、里の畑辺りを狙っての出没なのでしょうか。
 暖冬による少雪で二ホンジカやイノシシも多くなってきています。ますます食べ物の競争が激化しているようですから、里に出るのも仕方ないのかもしれません。2004年ごろの下越水害で吉ヶ平まで歩いて行ったことがありましたが、その道中の田んぼで猿が稲を食ってましたしね。
 猟銃所持が厳しくなり、挙句に猟期は短いので、私は猟をやめましたが、今となっては若干後悔したりする部分もありますね。でも公安の立ち入りだとか検査とか、所持許可と狩猟免許の二本立ての更新が煩雑でもあり、よほどの富裕層じゃないと銃所持は無理だと思います。・で、獣が里に出ては猟友会の人たちが高齢化し人手が居ないとか言ってるんですから。で、猟友会の人が射殺しました見たいな悪者仕立てするマスコミとか、あり得ないでしょ。

"もうすぐお盆ですね。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント