浅草岳方面へ(嘉平与のボッチまで)ステップソール細板山行

 予定外の休みとなり、カモシカ調査を兼ねネズモチ方面へ行く予定でしたが、白崩沢方向へと行くことにしました。
白崩沢から道路沿いにたくさんトレースがあるなぁ~と近くまで行ってみると、モービルの跡でした。
たぶん、早坂尾根経由で行ったのでしょうか。あまり有り難くないことですね。
 昨日もステップソールで行こうと思い、歩きはじめました。
軽いザラメのクラスト状態でしたので標高差をあまりとらず、急な所は階段登行や斜登行で歩いていたので、ヤジマナ滝pまで2時間半もかかりました。
全体としては雪が少なく、シラベンノノ沢も入ることができませんでした。
ただ、ヤジマナ滝pあたりの尾根はまだまだたくさんあるように見えましたが、3月に入ったばかりですからね。
 ヤジマナ沢源頭部に差し掛かるころ、後続ソロが歩いてきたので先に行ってもらいました。
細かい九十九折りですからコースタイムはかなり遅く設定しています。
ヤジマナ源頭pから風雪があったようで、スカブラの吹き越しと凍った部分で、痩せ尾根となっていました。
しかも、いやらしいガスで視界がヤバい感じになってきました。
滑降時は嫌だな、と思いながらなんとか嘉平与のボッチに。
1300位までは超安全滑走でプルークを多用しました。
時折いい感じになりますが、全体としては下山用具としてのスキーでした。
クラストが酷くなければ、ワンステップターン系である程度気持ちよく滑れたところもありました。
 肝心のカモシカ調査どころではなく、あらためて時間を作りネズモチ平を目指す予定です。
詳しい画像は当サイトをご覧ください。

"浅草岳方面へ(嘉平与のボッチまで)ステップソール細板山行" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント