悪天、浅草岳ネズモチ登山道除草完了

 26日金曜日時点では、疲れが溜まっていて、土曜日は休もうと思っていました。しかし、雨も降らず、なんとか少しでも進めようと考えてネズモチ登山道除草を開始。予報は良くなかったので、作業時間の開始も遅く、最初から山頂まで作業することは考えていませんでした。結局土曜日は1300m付近で作業をやめ、次の日に行うこととしました。・・で、昨日でしたが、朝のうちは雨もなく、刈払い機をデポしてある地点までは雨にあたることはありませんでした。が、作業開始とともに雨が強くなり、前岳分岐では雨風も強くなり、撤退か!と思いましたが、さすがにここで撤退するにはその後の作業が大変だと思い、重ね着をして対応しました。そのうちに雨も止み、作業終了後にはおだやかになってきました。
 ここのところ天気が良くない感じですね。雨具を着る日が多くなっています。
 なにしろ平日も同じような作業が続くため、日々の疲れが癒えないとなかなか山に向かう気にはなれないのです。来週も雨模様の土日ですが、可能なら守門岳をほぼほぼ終了させたいと考えてはいますが、体調と相談というところですね。

8月ももうすぐ終わり

 今月初旬は暑く、風雅(扇風機付きのベスト)を着込んでの作業でしたが、その後雨も多く、最近は着なくなりました。めんどくさいですし、除伐作業のため、比較的木陰はふんだんにありますから。
 それにしても今月は雨が多いというか、ぐずついた日が多いですね。登山道除草を開始しましたが、割と晴れた日が少ない気がします。今週の初めは暑さがぶり返し、そうとう参りましたが以前のような病的な暑さではなく、我満ができるレベルです。なので、汗はたくさんかきますが、意外に水の量が少なくて済んでいます。
 さきほども言いましたが、勤務は現在山林の除伐作業で、実にハードです。そのハードさをそのまま土日に引き継ぎ、登山道除草するというのはちょっと骨なんですよね。先週も土日は木の根峠から鞍掛峠方面の除草でしたし。明日は天気良くないみたいですので、1日休もうかな――と思ったりしてます。でもまだわかりません。天気が良くなればいかざるを得ないでしょうね。なので、雨になってほしいっていうのは正直あります。

田代林道、木の根峠~田代湿原~鞍掛峠まで除草完了

 20日21日と連続で作業し、トータル4日で終わりました。やはり、林道の部分が長く、時間を要します。ただ、一部500メートルほど測量関係者さんが薙いだのでその分刈る必要が無かったのですが。いずれにしても、今年は草丈も長くトータルで20時間近くかかりました。
 作業前には、おそろしく長い作業の旅になるだろうと思うのですが、終わってみれば達成感というよりもある種の虚無感に襲われます。昔は、達成感にあふれてましたが、最近は「無」です。ただ、おわっちゃったかな・・・。という感じ。

 この土日もこの流れで登山道除草をはじめたいという気にもなってますが、少しインターバルを置くことも考えています。まぁ、あいかわらず前日まで予定は未定です。

秋季除草開始

 13日の疲れもあって、14日は休みたい心境でしたが、八十里関連の除草をはじめることとしました。
 昨年まではゲートからボロ沢まで車乗り入れができましたが、今年は工事も終わり、道が荒れているであろうと予想し歩きで行きました。
 ボロ沢までほぼ1時間強で着き、その後林道を刈りながらすすみました。5時間刈ってその日は終了。昨年より少し丁寧に刈ったので時間はかかっています。
 15日は天気も良くなく、休みにしました。地下足袋が老朽化していたので、あっちこっち探して、ようやくスパイク付きの地下足袋を入手しました。
 昨日16日は少しでも進めようと早めに家を出て、5時50分から作業開始、林道除草を終え、山道に入りましたが、木に根峠までの草藪は超激烈な草藪でした。さして距離は無いのに2時間しっかり掛かりました。腹も減ったので飯を食い、ふたたび再開。しかし、暗雲たちこめ、これは来るかなと思っていたらやはり大雨となり撤退です。身一つならともなく、昨日は他人の軽トラックを借りてきたものですから、道路でも決壊してしまったらどうしようもありません。次回からはたいへんですが、歩きで行くしかないかなと思っています。

今日はお休み 8月も半ばになった

 ほぼ7日ぶりのブログです。
 先週は暑い日が続き、勤務仕事も責任のある伐採やブナの稚樹の下草刈りなど、いろいろとやりました。
 一昨日から盆休暇となり、明日まで休みですが、サイトの山行き報告にもあるように、六十里登山道の一部の欠落したとの報告があり、その修繕工事に行ってきました。真夏の重い荷物と小型チェーンソー持参は半端なくきつかったですね。ちょこっと道を回す程度で大丈夫だろうと高をくくっていましたが、思いのほか大きく崩落しており、一刻も早い復旧が望まれるほど危険なものでした。すっぽりと道が欠け落ちて、奈落の底まで断崖となっており、報告をされた登山者は肝を冷やしたことでしょう。切れ落ちから少し距離を置いた地点から伐採したので、およそ20mの新規伐採となりました。小径木ばかりなので、およそ1時間半ほどの作業で済みましたが、ちょうど六十里登山道のど真ん中に位置してましたので、帰りはアップダウンで喘ぎながらの帰路となりました。盆という時期と、アブの季節ということからか、人にはまったく行き会いませんでしたが、2台ほど車があった気がします。

 一昨日の怒涛の疲れから、当分動きたくない心境でしたが、昨日早朝に目覚めるとさほど疲れも感じなかったので八十里越え関連の除草に向かうこととしました。昨年は建設業者さんが橋の工事で奥まで入っていたので、私の自家用タイプのワゴン車でもなんとか入れましたが、今年はその工事も終わり、道が再び荒れていることを想定し最初から歩きで行きました。朝から午後3時まで作業し、5時に車に戻りました。

 今日は雨予報と疲れでお休みです。一昨日の筋肉痛もひどいですし。洗濯をしたり、古くなったので地下足袋を新調しようかなどと考えておりますが。

所定の道標を設置完了&ネズモチ管理棟周辺草刈りも終了

 昨日は県道の除草予定でしたが、一昨日終わってしまい勤務仕事は休みとなりました。なので、布引の滝登山道上部分岐の道標設置とネズモチ駐車場の残りの除草に行くこととしました。
 いやぁ~、めちゃくちゃ暑く、布引分岐に着く頃にはシャワーをあびたように汗まみれになってしまいました。道標とつるはしを両手に持ったままでの暑い登りはかなり厳しかったのでした。先月の大池分岐まではさほど暑さを感じなかったんですが、昨日は別ものでした。
 道標に埋め込み作業は木の根っ子がたくさんあって、うまく入りませんでしたが、何とかねじ込んで終了。家で早めの昼飯を食べて、ネズモチへ。登山者はこの暑さとか大雨の後だったり、アブのなどのせいか、5台ほどしかいませんでした。登山者がいるということは登山道自体もさして問題なないであろうと思います。
 12時から5時近く迄みっち刈って終了しました。

 今日はとりあえず朝一の、秘密某トレーニングと洗濯などをし、これからやることも多いのですが、ふらふら休むことも考えてます。 

暑さも和らぐ

 一昨日はかなりの雨でした。私たちも道路除草でもかなりの雨と雷で、午前中でリタイヤしました。新潟県でも下越地区においては、かなり被害が出たようです、大変かと思いますが、一歩づつ先へと歩を進めて欲しいと願うばかりです。
 
 最近では、アブも増え、セミもミンミンゼミが鳴くようになりました。ススキの穂も出掛かっています。虫の音も常日頃聞かれるようになり、秋近しと感ずるようになってきました。
 コロナも再燃し、御予約をいただいているお客様自体が養発症し予約を断念されたりと、暇な夏になるようです。その分、花愛で登山が盛況であったのは嬉しい誤算ではありましたが。

 昨日で7/19から開始された県道除草は終了となりました。延べ距離、15kmの車道脇の除草の終了です。約76人役という膨大な作業量でした。これは今年の草の量がひどかったというのもありますし、途中の酷暑も響いたというのもあるでしょう。まぁしかし、ちょっと掛かり過ぎたかな?という気はしています。総延長も長くなったというのもあるんですけれども。

風雅ベスト

 っていうやつを支給してもらい、仕事で着ています。
ウインドブレ―カーのベスト型で、内側にバッテリーと小型扇風機が左右二つあって外気を取りこみ、中に風を行き渡らせるというものです。
 1日はかなり暑く猛暑でした。なのでそれを装着してましたが、作業中の効果は?っていうくらいあんまりよくわかりませんでしたが、じっとしている時に涼風が内側に通るときは気持ちいいです。しかし、その日はとにかく暑くて、水分もかれこれ5リットル近く飲みました。もう炎天下に晒されるだけで心拍数と息は上がりまくりですから、その日は疲れて爆睡しました。

 日付は前後しますが、30日31日はあわよくばまたまた行楽の山にでも‥‥と目論んでましたが、30日は勤務仕事で✖。日曜は個人的な草刈り仕事に従事することにしました。
 31日、一応保全管理ということで廃田の草刈りをしました。この日も暑かったので細目に休憩をとる必要があり、お昼過ぎまで掛かってしまいました。午後は1時半を過ぎてましたがネズモチ方面へ草刈りに行くことにしました。途中の車道も両サイドが草に覆われている箇所があり、部分的にカットしました。応急処置ですので、片づけはしてません。その後、4時半ごろまでネズモチ管理棟周辺をカット。あと3時間ほどかかる予定です。これはまた後日ですね。

 前述の風雅ベストですが、極論すると効果はあると思いました。ただ、管理的に面倒くさいかなという気がします。外側に風取り口の扇風機フィルターがついているのですが、この汚れを取ってやる必要があるのと、1日中使う場合はバッテリーを毎日充電する必要があります。また、ベストも首筋にフィットするタイプなので、かなり汗臭くなるので何日かに一回は洗濯しないといけません。洗濯の際には機具を取り外して、ふたたび乾いたら設置し直しという作業がプラスになります。
 この装置がザックを背負ってできればいいのですが、扇風機の位置が後ろなのでザックでは無理なんですよね。これはあくまでも刈払い機(林業や土木工事)専用なので、こんな感じに設定されているのだと思いますが、登山用とかそういうのもあるんでしょうね、おそらく。
 ただこれも、雨天時には×なので、万能ではないということです。