ひさびさ(BCでは)の大原コースから守門へ

 山スキーで大原から守門へ行くのは20年ぶりです。大雲沢ヒュッテ開業前にスキークラブ主催のスキーツアーが実施されていましたが、その時にはこのルートを使い、田小屋集落へ滑走していました。其の後、ヘリスキーが実施され、このツアーは断ち消えてしまったのです。其の後、2000年前半に単独行のお客さんと一緒に登ったことがありましたが、いずれもアルペンスキーでした。ですので、テレマークスキーでは初ということになります。
 今回の目的は守門山頂と青雲岳の間の本高地沢源頭を滑走してみたいというものでした。実際に登りながら眺めていると、結構硬くて転んだら終わり的な雰囲気がありましたが、滑ってみると、雪は締まってはいるものの滑走しやすく、気持ちのよいランができました。かなり下まで滑りこめそうでしたが、登り返しは厭ですので、200mほど滑ってトラバースして来たコースに戻りました。そこから下も気持ちの良い緩斜面や中斜面が続き、楽しめました。
 田小屋尾根から下に、壮大なゲレンデがあるのですが、そこまで至るのに狭い嫌らしい急斜面があるのですが、今回はテレマーク板なので、慎重に滑走しました。アルペン板ですと本当に楽なものなのです。
 そこを何とかクリアし、下の大斜面で最後の滑走です、下部はややストップスノー気味でしたが、楽しくススリングなBCでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント