ひと息ついております&技術選(基礎スキーの大会の選手の技術について)

 朝5時近くから人力除雪を開始し、朝食を挟み、機械で裏を除雪、先ほど終わりました。今日はさほど多くなかったので、朝一はすべて人力で道路の端まで運びました。道路の端までスノーダンプで雪を運ぶのは骨ですが、良い運動になります。ウーキングというと義務感に苛まれあまり好きではないのですが、結果的に歩数をかせぐ人力除雪は、まさに運動を兼ねていますから一石二鳥です。雪の壁だけ眺めてひたすら歩き続けるのも味気ないですからね。

 不毛な労働や、勤務仕事の合間に動画をよく見ますが、いろんなジャンルがあって楽しいですね。
 もうスキーに関する技術的な向上心はあまりありませんが、割と見てしまいます。かつて、テレマークスキー指導員検定を受験していた時期がありましたが、その際、小回りターンが苦手でして、いろいろと動画のお世話になりました。また、今ではもう存在しませんが?「ソウルスライド」というテレマークスキーBCの雑誌に付録でCDが付いていました。そのなかで藤川健氏などの滑りをよく見ましたね。一時、テレマークスキーのコブ滑りの動画をよく見ていましたが、最近はあまり見ていません。まぁ、膝の調子が今一つというのもあるのですが。
 マイナーな世界ですが、SAJの1l級から指導員の間で争われるスキー技術選手権というのがあるのです。最近、その県予選の様子などがアップされているので、暇つぶしに眺めることがあります。
 昨今、スキー板はカービング板になってしまったので、昔のような個性的な滑りをする選手はいなくなってしまい興味が薄れるところではありますが、見ていて上手い人はやはり巧いですね。ターン運動の中で、後半にプレッシャー受けてしまっている選手は得点が低いです。そして上腕のターンリードというか、上半身の使い方にそつがない選手も高得点が出ています。まぁ、勿論私のような一介のスキーヤーには到底あんな風にハイスピードで滑れるはずもありませんが、レベルを判断できる見る目はそこそこあるかなぁ〜とか思った次第です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント