大原まで開通あと2日

 昨日もロータリーの助手でした。県仕様の機械なので、市道仕様の機種と違い、シュートが太くてあまり飛びません。なので、あんまりやることもなく暇な助手で眠気との闘いでした。っていうか、結構落ちていた気がしますw。
 大原までの除雪は明後日で終わるようです。その奥は市道扱いになるので、だいぶ後になると思われますね。でも、大原まで入れるのは助かります。奥の下祝い沢付近の斜面や登山道脇の斜面も良い感じに雪が着いてますし、ちょこっと遊ぶにはもってこいでしょう。一人遊びの好きな方には最適です。
 昨日、午後からの作業中、スキー場跡を眺めると、ロッジの上の急斜面も程なく土が出てました。やはり雪消えがあっという間に進みましたね。結局、大雪とはいっても3月の気候が大きく影響するのだと思います。今までの傾向ですと、2月まではそこそこ大雪傾向であり、3月はさらに少しづつ消えつつ、小1メートルくらいの積雪があり、3月で最大積雪4メートルとなった年が、総じて大雪の年だったという事です。すなわち、大原スキー場も連休には悠々営業でき、連休最終日あたりにはスキー場中が新緑に覆われたこともありました。2,013年がたしかそんな年だったのではないかと思います。その後、そこそこ雪は降ったのですが、昨年が異常小雪で、その反動で今年は多いという錯覚に陥ったのでしょう。今年の雪降りの特徴は集中型だったわけです。2019年も多く降りましたが、降り具合が小分けにして降ってくれたので、除雪作業はさほど困りはしませんでした。大原も連休営業を何とかやりましたからね。ですから結果的に、昨年ほどの異常ではないにしろ、今年も小雪傾向だったという事でしょう。
 昨日で建設会社さんのお手伝いは終わりとなり、明日からは雪上伐採です。これも危険で気の抜けない作業ですので、怪我無く終わらせたいですね。今日はとりあえず機械類のメンテと、いらっしゃるお客さんのお迎えと厨房仕事が午後からです。