アクシデントは続くものですね。

 昨日6時にお客さんを大原方面に送っていったのです(通行は未だ解除になっていないので通り抜けはお勧めできませんが)が、急な坂道が凍っていて、途中で滑って身動きが取れなくなってしまいました。天気が良く、30分ほど待って脱出できましたが、逆に上手く登れたとして、帰りが怖かったなと。なので、あそこで滑って上がれなくなって正解だったかもしれません。悪路では後先の事を考え、慎重に乗り入れたりしないといけないと改めて感じました。

 昨日から雪上伐採が始まりましたが、ツリーホールは大きく広がり、しかもその周りにはまだ雪が残っていて、伐採後の逃げ場がない状態での作業でしたので気持ちの良いものではありませんでした。また、極度の根曲がりに、受けを掘る位置も確保できず、見切り伐採をしてしまい掛かり木になってしまいました。なんとか主任に手伝ってもらい、事なきを得ましたが、あとになって、もうちょっとやり様があったかなと思います。加えて刃も切れずで、きれいな仕事ができずに疲れだけが残ってしまいました。 
 変なもので、上半身だけ筋肉痛と言う現象でかなり疲れ切っていたんですが、意外に眠れませんでした。
 なにはともあれ、昨日の危険な作業はしたくないので、慎重に事を進めていきたいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

蓬平
2021年04月16日 20:58
こんばんは。
昨日苗場山に行って来ました。林道は通れましたが、降雪があり、しっかり雪道でした。もしやと思いタイヤを代えていなかったのでよかったですが、夏タイヤでつっこんでいたら、それこそ誰も助けに来てくれなかったでしょう、何事も用心にこしたことはありませんね😢
2021年04月17日 06:08
蓬平さん、おひさしぶりです。
苗場ですか。滑れる山なんでしょうか。
宿を始めたばかりの頃は多忙でして、まったく山にはいかず山知らずのヒュッテとは名ばかり店主でした。一念発起して、1999年の越後三山縦走からあちこちの山に行くようになった次第です。
 苗場山は、スタンダードな和田小屋からから1回しか行ったことがありませんでしたが、タケノコ取りの方に行きあったという記憶しかありません。あと、リフト終点からぼっかの人が重い荷物を背負っていた気がします。
 そう言えば、何年か前に津南からも行ってました、そう言えば。
2021年04月18日 04:58
閲覧感謝