大白川でもウグイスの初鳴きを聞きました。

 昨日も某建設会社さんのお手伝いで、ロータリーの助手業務でした。
 朝、それぞれが揃っているときにウグイスの初鳴きを聞きました。数日前から鳴きはじめてるとのことでしたが、私は昨日が初でした。
 これからどんどん春が加速し、あちこちが彩られ、虫たちが一斉にわき出してくるのでしょう。ブユの洗礼が始まるのはありがたいことではありませんが、これもまた山の中の風物詩と言えますね。

 そう言えば夏鳥がやってきてもいい暖かさですが、来てるのはサシバくらいでしょうか。小鳥の類はまだ見られないようです。まぁ、いつも年ですと、今月の末あたりからオオルリやクロツグミあたりがやってきて、美しい声を披露してくれるでしょう。

 この日曜日は、黒姫あたりに繰り出そうかと考えてましたが、天気が良くない感じなのでどんなもんかなと思ってます。なにしろシールが寿命で、且つ、張替は販売停止状態の代物らしく張り替え不可能と言われました。なので廃棄するしか無いようなのです。裏側を見ると、確かに白く剥げてる部分が多々見られ、あと数回使って廃棄かなと考えてます。なので、あと数回は何とかシールを使うようなシチュエーションにとは思っていますが、これもどうなるやらですね。シールはコールテックスで私のようなずぼら人間にはとても扱いやすい代物でしたが、2017年3月の購入なので丸4年ですか。これで寿命?、販売停止製品?って、電化製品かよ!?と突っ込みたくなりますが、実際はこんな感じなのかもしれませんね。いろいろと長岡の某ショップには相談したいことがたくさんあるのですが、なんか敷居が高いって感じるのですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

細板
2021年04月13日 19:15
細板革靴
2021年04月13日 19:30
 先走り投稿はうちのミスです。さて、うちの細板ウロコ板用のクライミングスキン(シール)は18年くらい使っています。接着面のグルー(ゴム糊)は3回以上塗り直しています。グルー除去用の専用電気アイロンがあれば楽チンです。コールテックスのそれは「非グルータイプ」なのかも知れませんが、工夫して再生できればそれが最良ですよね。
 長岡のお店は一生懸命ですよ。小さなパーツも取り寄せてくれます。ただし、メーカー側で供給出来ない部品や品物は、当然ショップでは手当出来ません。それは「ショップの敷居が高い」というよりは、日本の商習慣でしょう。ここから先は各人で工夫する世界です。機械いじりや野外道具の手入れは「男の愉しみ」です。そんな楽しみを放棄するのは勿体無いかも。
2021年04月14日 04:53
細革さん、お久です。大切にお使いなんですね。自分もやってみようかな?
というか、次回からはコールテックスはやめようかと思います。
色々とありがとうございます。参考にいたします。