3月に入りました&自然環境保護員について

 今日は、勤務は休みのシフトです。そして、いよいよ3月に入りました。
 昨日は、早番でしたが、通常ですと、午前6時ごろには誰も居ないのですが、昨日は好天が予想され、山スキーヤーやトレッキングの方々など結構車がいました。山遊びの車も多かった気がします。

 須原も流行ったころから比べるとやや少なめという感じでした。聞くところによると、八海山などが再オープンし、そちらに行ったのではないかという話も聞きますが、スキー場の規模からしても、まぁ仕方ないかなと思います。それでも、須原フリークのお客さんは結構居まして、会釈などを逆にしてくれるのでありがたいですね。
 雪質も、徐々にザラメになり、難しい雪になっています。フリーライド系の方には物足りない季節かと思いますが、悪雪にもガシガシトライしてほしいかなと思います。それにより、プラスアルファの技術も身につきますし、いい雪ばっかり滑っていては上手くはなりません。その点、山スキー愛好家は色んな雪質に対応できてしまうんですから巧いんでしょうね。板も広い幅になってますから、悪雪やクラストなんかも攻略できちゃうのかもしれませんね。



 2010年から才七さんより受け継いだ自然環境保護員も丸11年経ち、やめることにしました。推薦者は特に書きませんでしたが、私の森組の同僚平井氏に打診があったとのことです。ですが、後日断ったとのことでした。誰になるか私の知るところではありませんが、大切な自然を継続して管理していただける方をお願いしたいものです。できれば、ずっと要望を出し続けてきた部分の一つでも改善できればうれしいですね。