暑い&ユキムシ(セッケイカワゲラ)

 今日は勤務は休みで、父を医者へ連れていきました。あとは投雪機で雪飛ばし作業をしましたが、雪が締まっていて刃が立たない箇所が多々ありあんまり効率は良くありません。お隣さんが、畑をやっている場所の雪山を飛ばそうとしてましたら、雪はもう降らないし融けるヵらかまわなくてよい、とのお達しがあり、(もう本当に、厭になるくらい細かいお人でして('◇')ゞ)ということで、あとは軽く飛ばしてやめます。
午後からは、森組関連の除雪が舞い込みそちらへ出勤となります。
 絶好の雪山遊びやスキー日和でしたが、今日も潰れました。来週もたぶん父の医者通いの運転手だろうし、なかなか1日遊べる機会はスキー場勤務が終わるまでは厳しいかもですね。

 今日は半端なく暑いです。何もしなくても汗ばむほどです。あと、ユキムシが出始めてますね。例年よりだいぶ遅い感じです。雪の超少ない年は、初雪の頃から見られることもあり、大雪か少雪かのい見分けがほぼつく感じです。今年は、今までまったくユキムシを見ることはなく、完全なる大雪の年だったのでしょう。とはいっても、昔から比べると、まだ例年並みと言ったところかなと感じます。言い方を変えると通常モードでしょうか。
 過去に、湯沢のスクール手伝いで5日間泊まりっぱなしで、家に戻ったら、2階の窓まで埋まっていたという年もありました。この時は、ショベルブルドーザーの小さいタイプのものでしたので、丸々3日かけてようやく全部の窓が開いたという事がありました。そんな昔の記憶を掘り起こしてみれば、今年の大雪などまだまだ「大」を付けるこ自体おかしいはずなのですが、だんだん年齢を重ねていくとそういう労働も厳しくなっているのだと思いますね。