梅雨らしい梅雨の年ですね。

 勤務仕事はここの所ほぼ草刈りがメインでしたが、昨日は作業のタイミングが合わず1日だけ山林仕事でした。
車を降りて、約数十分の山坂を上り、現場に到着。灌木を刈り払いますが、中には10㎝ほどの直径の木も切ります。足場を確保しつつ切っていくので、足場を確保するだけでも踏ん張る力が必要なため、平らな所での草刈り作業に較べるとはるかに疲れます。なので、昨日の午後は休憩まで2時間弱というタイムスパンでしたが、強烈に汗をかき、3時の休憩には1リットルの水を一気飲みしてしまうほど喉が渇いていました。ひさびさに達成感ありましたね。休憩時には景色も良く見え、涼風も通り、キビタキの声もたくさん聴けました。15分ほどゆっくりし、残りの1時間の作業に支障無きよう、刃もしっかり研いでおきます。たぶん、この現場に来るのは来月の半ば過ぎ位になるのでしょうか。

 今年は珍しく、梅雨らしい梅雨となっており、登山者の数もさほどではありません。まぁこれもコロナの関係も多々あるのでしょうが、今朝がたネズモチ平まで掃除をしに行ってきたのですが、軽ワゴン車の静岡ナンバーが1台のみでした。天気も良くない予報ですから、仕方ないと思いますがちょっと少ないかなと感じました。でも、こういう梅雨空は緑がすごくきれいに見えますね。嗚呼、緑っていいなぁ〜と感じるひとときです。残念ながらこの週末も天気とコロナ感染増加の関係で団体様はキャンセルとなってしまいましたが、仕方ないですね。久々に中の雑用でもするとします。