山の話⑥ 藪

 昨日は天気も良く、勤務仕事の関係でジャクズリ沢上部の900m付近まで出向いてきました。もう少し行けば三角点まで到達できたのですが、目的が違うので折り返した次第です。それにしても雪が少ないので灌木が目立ちました。ジャクズリ沢源頭鞍部ももっと膨大な雪があるのですが、雪が少ないとあちらこちらが急峻な感じになりますね。


 昨日と一昨日は毛猛山塊の事を書かせていただきました。藪つながりという事で藪山に関して少し書かせていただきます。
藪歩きというのは普通に子供のころからやってました。とは言っても藪山登山をやっていたわけではなく、藪の中のアケビや山ブドウなどを取りに藪に分け入っていたという事です。また、キノコや山菜に目覚めたころにやはり藪漕ぎをせざるを得なく、特に土に出るキノコに関しては密藪を漕ぐ必要がありました。また、春の残雪期の熊狩りの時にも雪と雪の間に藪があったりし、銃を背負いながら密藪を漕いだこともあります。
 登山としての藪山は毛猛山山塊がとっかかりとなりました。毛猛山塊の部分で最も嫌な個所は、太朗助山直下の部分と毛猛山直下ですね。あとは雪の着き具合によって歩き安くなる事もあります。
 では無雪期はどうかというと、これは世間一般的には積極的に藪山に向かって行く人はいないのが現状かと思います。藪山というと、一般的に行われるのが残雪期の登山が多いかと思います。雪を拾い、藪を回避し、三角点を踏むというスタイルが多いのです。雪があればどこを「道」にしようが自由です。その山頂の踏み方に疑問を感じていたのは事実なのですが、それとは別に、無雪期のその山に何か特別なものがあるのではないか?という切実な興味に駆られた山域がありました。それが2006年7月下旬の黒姫山行です。
 ヒメサユリは浅草岳一帯にある植物ですが、守門岳では大岳から西方面がメインでその生息域に興味を持っていました。また、田代平から鞍掛峠の向かう途中にもヒメサユリの生息地があります。では、その中間点でもある黒姫はどうか?という興味が湧いていました。
 2006年は非常に多忙な年でなかなか自由な時間が取れない年でもありましたが、その山行に賛同した小千谷М氏、地元現BCガイドО君を誘うと一発返事で同行が決定し現地に向かいました。まずどこから入るかという事で現地に向かいながら地形をチェックしました。当時は車で田代平まで行くことができたので、地形図を見ながらルートどりをした結果、田代平から鞍掛峠まで歩き、そこから破間川に入渓し渡渉。わずかに残る支沢の雪渓を利用し、主尾根に取り付くという計画にしました。結局途中の開けた個所にヒメサユリを見ることができました。
 主尾根から方角をチェックし山頂方向に至るわけですが、まさに強烈な藪で山頂の三角点付近は視界無しの藪の世界でした。帰りのルートも間違いの無い様下り破間川まではすんなり至れましたが、そこから鞍掛峠間は地形に特徴がなく、結局、鞍掛峠と烏帽子間の稜線に出てしまいました。この時も、夏ではあったもの、ある程度の長さの雪渓に助けられたという事でしょうね。