山の話⑳ 山の楽しみ方(とりあえず①)

 昨日はいろいろと午前午後と用事が少しづつあり、勤務はお休みしました。午後は年一回の家業関係の会合があり、みな今の現況にあきらめと沈滞ムードという感じでしたが、そうも言っていられないという事で会合は終わりました。
 時間が少し早かったので、昨年秋に勤務仕事で杉の本数調整伐の作業を行った現場に行きました。現場の中はほとんど雪はありませんでしたが、作業道にはまだ30cmほど雪が残っていました。昨年、この作業の最終日での最後の一本が失敗してしまい、その原因を探るべく向かったのです。そして、伐根を検証。受け口の方向は問題なく、掛かり木になる要素はないようでした。しばらく何が原因なのだろうとちょっと考えたのですが、その原因は木が倒れようとする力の方向とは逆の方向に根が張っていたのでした。これにより木は、倒れながらも引っ張られている方向へと力が作用し、伐倒方向がずれてしまったということです。一見、豪快な仕事のように見える木の伐採ですが、緻密な読みが必要なのです。


 1994年に家業を開業し、しばらくは必死に来る仕事を拒まず営業をしていたのですが、自然のスペシャリストになりたいという気持ちがありました。キノコや山菜に関しては少し知識があったものの、他の植物や野鳥昆虫などの知識は全くなく、三十数年前まではシラネアオイすら知らなかったというのが現状です。
 開業した次年度1995年に森林インストラクターなる資格が有ると知り、1996年から受験を開始しました。「森林内の安全」「森林内のリクリエーション」「林業」「森林」の4科目があり、これをすべて合格すると2次試験があり、クリアするとこの資格が得られるというものです。それぞれ、単位制となっていて、ひとつの科目が3年間有効になっていました。結局最初の2年間はあまり勉強せず、4回目でようやく受かったのでした。
 今になって考えると、あまり価値がない資格だと思いますし、あくまでも民間機関の資格に過ぎません。受かった当初は、新潟県森林インストラクター会なるものに入会し、会が計画した自然観察会などに参加させていただいておりました。しかし、会場が主に下越地区という事もあって、なかなか足を運ぶのに大変であり、数年後に脱会しました。今は全国森林インストラクター会も脱会し、5年に一度だけ5000円を支払って資格だけの存続となっています。
 得にはなりませんが、あれは何ですか?これなぁに?と聞かれた時に、そこそこお答えできるというのが、結果良かったのかなと。
 こに資格を取得するにあたり、大きな図鑑をザックに入れ、足しげく守門や浅草に通った時期がありました。普通、植物を覚える場合は、花弁がいくつで葉がどんな形でなど、タイトなことを覚えていくのが常套手段かと思いますが、私は外観と雰囲気のみで覚えていきました。(余談ですが、その後、植物分類技能検定2級なるものに2度ほど挑戦した経緯がありましたが、これは専門知識を必要とされ玉砕しました( ;∀;))
 そういった勉強がてらの山行きを得て、森林・・・を取得し、各山に出向き諸植物を知りました。主だったものにはおよそ区別ができる様にはなりましたが、コケ類、シダ類、イネ科の植物は開花期や胞子育成時期にならないと判別できないなど、専門的過ぎて結局妥協したという感じです。
 植物観察で楽しみだったのは、鬼が面山山塊です。只見側が大昔の火山の火口だったという説があり、そのせいなのか1400mにもかかわらず、ハクサンイチゲ・ツガザクラ、他などが見られ、垂直に岸壁にはサクラソウ科のユキワリソウが見られます。その時期、このような植物の存在を知り、もっと何か珍しいものがないだろうかとよく通ったものでした。
 ある年に、まったくわからない謎の植物があり、これは固有種ではないか?と色めき立った時期がありました。何年か経過し、色んな詳しい方々に聞いたところ、どうやら分かったのが、この記録です。下から2番目3番目画像の植物
 いろいろ詳しい人に聞いたところ「チャボゼキショウ」とのことでした。

 私は変人なので、植物の花よりも樹木の花が好きですね。最近咲きだしたアブラチャンとか山ではサラサドウダンなど、その他。匂いでは匂いコブシと呼ばれるタムシバと、ダントツ1位はホウノキの花ですね。これは山を歩いていると遠くからでも香りが寄ってきますから、ついつい足を止めてしまいます。
 山を歩いているといろんなものに出会えますが、その瞬間瞬間がすごく得したような気分になるんですよね。それがやはり山のいいところなのだと思います。山歩きの楽しさですね。←(作成時が大分前のモノなので、若干時代遅れという部分もあろうかと思います)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年04月16日 04:45
たくさんお気持ち玉、ありがとうございます。