雑感&机上レッスン⑳

 昨日は所用を足しに町へ出てきました。
 2011年4月10日頃、母を医者に連れて行っている間に下権現堂山に山スキーに行ったことがありました。旧アクシオムスキー場に入るところは、雪の壁が1メートルくらいあって、そこをかき上がり板をつけた記憶があります。もちろん、そこら辺に雪は無く、雪の痕跡が少しあるだけです。

今日のテーマは、頭の位置です。
 私は普段、うつむき加減な姿勢のため、横から見ると首が前に曲がった頭の位置になりがちです。実はこの癖にずっと悩まされてきましたし、この癖によって自分の技術的な可能性が失われたと言っても過言ではありません。
 スキーは前後左右のバランスでターンが成り立っていますが、どこか一点がバランスが乱れて飛び出ていたりすると、全体のバランスが大きく乱れてしまいます。
 私の場合の、頭の前方向への傾きはから生まれる弊害は、足首にありました。普通に脛の前傾を保ちターンをしようとするのですが、頭が前に出ている分、余分に脛を前傾、つまり足首を曲げすぎてしまいがちになるという事です。それにより、前方向への過重が多くなるため、バランスを取るためになんとなくですが、踵寄りの過重をしてしまいます。つまり、頭が前方に出ていることで、様々な部分で全体のバランスを取ろうとし、さらにバランスが悪く、スキー板にダイレクトに力が伝わらないという弊害が出てしまっていました。
 これらは、外見上からも、脛に必要以上に圧がかかっている状況が、写真や動画でも顕著に垣間見ることができます。

なんとなく、斜面にチャレンジしていこうとすると、頭が先に突っ込みがちになりがちですが、頭は要です。頭の横への視線をうかがう動きはさほど影響はないかと思いますが、頭を下げ、上目遣いで滑るような動きはベターではないという事です。
 あと、起伏のあるコブ斜面などを滑走する場合も、頭の動きは特に大切で、頭部が動いてしまうと下半身の動きが失われる原因となります。深いコブなどで、上体があおられ、首がガクンガクンと動きまくっているスキーヤーがいますが、これも頭の位置をブロックすることでバランスが保たれるはずです。
 スキーは手足を連動させ、股関節でターンのきっかけやひねりを維持し、エッヂングを決めていきますが、頭に関して、特に背骨に対しまっすぐ立て前後に動かさない、というのが鉄則ではないかと私は考えています。ただし、ターンの先行動作のための横への動きはほどほどであれば効果的ではないかと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

鰤鯛鱒鮎
2020年02月27日 06:45
 「斜面が楽しい」と感じていると、姿勢も自然にリラックスしますね。アルペンでもテレマークでも斜面に対して恐怖感があると視線が乱れて、結果後傾からのテールの引っかかり等を誘発。自分の場合は「へそ(重心)を自然にフォールラインに落としてゆく事」をもっぱら意識します。各部分の関節の角度とか筋肉の緊張具体等は同時にはなかなか意識・コントロール出来ないので。
 コブ斜面は今でも苦手。滑れない訳ではないけど、楽しく感じない。多分、他の人が作った滑りのリズムが自分の好みと合わないんですよね。
asai
2020年02月27日 07:00
 鯛鱒鮎さん、おはようございます。
これから憂鬱なリフト勤務ですが、その前にこう言ったコメントがあると嬉しく思います。
 そうですね、斜面が楽しいと、いい滑りができますよね。
一方で、恐怖感というか、「いやな感じだな」と思った瞬間、体全体がこわばり、さらに悪循環なパターンに陥ってしまうというあれですね。やっぱり、自分の場合はメンタルが弱いので、挑んでいくという心意気みたいなのが必要なのかな?という気はしています。
 コブ斜面。自分も好きではないです、特に今のラインコブ。ですが、触れたくないものに敢えて触れてみたくなる・・的な感覚でしょうか。個人的には、テレコブがもうちょっと上手になりたいかなという気はしています。ただ、発言的なものとして、62歳がテレコブを巧くなりたい…って、普通ではないなと思ったりしますが・。まぁ、機会があれば、怪我をしない程度にちょっとだけレベルアップできればな、と考えています。
 
 
鰤鯛鱒鮎
2020年02月27日 19:33
 風さんのひたむきでチャレンジングな姿勢が格好良いです。自分もそうですが、オジサンになっても自分の心の中に少年の部分がある事を、恐らく多くの女性(奥さんや彼女など)は本当は知らないのかも。「スキーは自由の翼」だと今でも実感しています。雪山にワクワクする気持ちをずっと持っていたい。
あさい
2020年02月28日 05:16
 鰤鯛鱒鮎さん、おはようございます。
 正直、テレマークスキーを始める前はスキーはもうイイかな、という気持ちがあり、アルバイトでイントラだけをやることに重きを置いておりました。しかし、テレマークスキーの楽しさを覚えるとよりBCが楽しくなってきたのです。
 以前は、春の締まった雪を楽しむ程度で満足してましたが、今年の模造の小雪で、タイミング的に山スキーをやる機会が二回ほどあり、そこで新雪の魅力をあらためて思い知りました。
あさい
2020年02月28日 05:17
気持ち玉、ありがとうございます。