2月に入った

 1月は毎年感じることですが、長いと感じます。特に今年はこんな感じの雪ですから、なおさらです。いろいろと不満たらたら節も嘆きたいところですが、嘆いていても光は見えてきません。
 29日から雪不足の関係で、須原スキー学校さんのお手伝いで八海山スキー場に出向いておりました。やはりここのスキー場も雪がめちゃくちゃ少なく、これ、どこで練習すればいいの?っていう始末。幸い、多少滑ったことのある班という事で、さほど苦労はしませんでしたが、下の緩斜面リフトが使えず、時間調整が難しかったですね。
 さて、一昨日夜からの雪を期待しましたが、大したことはありませんでした。
 昨日は、スクール3日目で4コマ終了後、テレマーク板で練習することにしました。いきなり一発目からパウダー被りのコブラインに突入。酷いコブにつかまり2回ほど転倒してしまいました。やはり最初は基本的な斜面に行くべきでしたが、なんか磁石に吸い寄せられるようにスーッと入ってしまいました。その後は、1枚バーンで少し基礎的なことを反復練習。膝に少し痛みを感じたので心配しましたが、左のスキーブーツのバックルが右に較べて少しきつかったせいもあったのでしょうか、その後さほど気にはなりませんでした。
 一応、修正点も確認でき、良い練習になったと思います。
 3本くらいで止める予定でしたが、ついつい6本も滑ってしまいました。なんとかナンバー8の看板からペアリフトのところまでノンストップで行ければなぁ~と思って滑っていたのですが、これは行けるぞ!と思い滑っていると、やはり腿が悲鳴を上げ始め断念。これがやはりアルペンスキーとの違いなんですよね。アルペンスキーの場合は、力を抜いて横滑りを多用すればほとんど疲れることがありません。しかし、テレマークスキーは横滑りを多用すれば心肺的には何とかなるんですが、やはり腿に来ます。昨日も、ほとんど上半身はリラックスし、手のスタンスも気にせず、だらっとした感じで横滑り多用して滑走しておりました。心肺的な部分では、これは行けるぞ!という確信を得たのですが、最後腿が腿がギブアップしてしまったのでした。
 前回人力除雪をしたのが1月21日でしたからほぼ10日ぶりという事になりますね。投雪機に至っては、まるまる2週間稼働しておりません。
今日は少し運転してみたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

asai
2020年02月05日 14:53
気持ち玉、ありがとうございます。