12/21守門岳 12/22六万騎山~猿倉山

 1週間ぶりのブログです。(詳しいコースタイムなどは本サイトでご覧ください。画像は全く同じものとなります。)
21日は単独で守門岳に行ってきました。
足場は悪いながらも絶景を見ることができ、行って良かったと思います。
苦行の後の褒美はあるものですね。
地元の山であっても、季節ごとの達成感や美しさがあります。

22、昨日は、おなじみの小千谷М氏とともに、六万騎山方面へ。
何の変哲もない里山かと思いきや、長森山というところから激烈な藪を漕ぐこと2時間半。
ようやく猿倉山というところに着きました。
曇ってましたが、八海山も見え、まずまずでした。
低山でも、途中藪などをはさむと意外に充実した山歩きになります。ただ、服装には要注意ですね。

年内にもう一山行ければと思いますが、ちょっと厳しいかも知れません。
もうちょっとしたら、今年の総括でもするとします。


311221sumon1.JPG
大白川登山口

311221sumon2.JPG
尾根取り付き

311221sumon3.JPG
ブナの樹氷

311221sumon4.JPG
大池分岐付近

311221sumon5.JPG

311221sumon6.JPG
1382から守門岳

311221sumon7.JPG

311221sumon8.JPG

311221sumon9.JPG
山頂から青雲岳・大岳

311221sumon10.JPG
登ってきた軌跡

311221sumon11.JPG
守門岳山頂

311221sumon12.JPG
袴腰方面

311221sumon13.JPG
自撮り






311222sarukura1.JPG
八海山に近い方の六万騎山登山口

311222sarukura2.JPG
六万騎山山頂

311222sarukura3.JPG

311222sarukura4.JPG
長森山山頂からの密藪状況

311222sarukura5.JPG
途中の堂平山付近

311222sarukura6.JPG
猿倉山山頂からの八海山

311222sarukura.JPG
小千谷М氏

311222sarukura7.JPG
猿倉山八合目あたりから下山口まで続いていたおびただしい石仏の数々

311222sarukura8.JPG

311222sarukura9.JPG
生々しい熊の爪あと

311222sarukura10.JPG
ゴール

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

a
2019年12月30日 13:25
気持ち玉ありがとうござ追います。