登山道除草終了

 自分の担当区域の登山道除草をすべて終わらせた。
この3連休は予報も良く、ここで鬼が面山山塊を終わらせようと思っていた。
9/14、体調の不安が残る中、5時半、暗澹たる気持ちで怒涛の登りを歩き出す。
担当区域着(吹き峠分岐)には、7時を僅かに過ぎていた。
担当区域から登山口までの間は、電力会社の作業道と併用されているため、私たちの除草の範囲ではないため、作業は行っていない部分がある。 
 この日は気温も低く、水はほぼ1リットルで足りた。
予定通り、鬼が面山まで除草完了とし、3リットル持ち込んだ水の1.5リットルをデポ。
15時20分に作業を終わらせ、残った食料を食べ、刈り払い機の熱を冷ましながら刃を研磨し、15時45分に鬼が面山を出た。
六十里登山口に着いたのは17時45分であった。

9/15、朝は早めに準備していたが、帰りをネズモチ平に下りたいために家人と一緒にネズモチ平に車をデポし、その後六十里登山口に送ってもらう。
5時40分スタートという、遅い出発だった。
予報は曇り腫れだったが、気温は高く登りは堪えた。
かなり遅い歩きではあったが、ほとんど休まず歩き8時10分に鬼が面山に着いた。
8時30分から作業開始。
気温は高く、北岳への登りはへばった。
午後を回ると、次第に日差しは弱く曇りがちになり、比較的凌ぎやすい気温になってきたのが幸いだった。
途中で、三条の方と話をし、冷たいアイスコーヒーを一杯飲ませてもらい癒された。
この日は単独行者が数名といった静かな稜線であった。
 ムジナ沢ガッチへの急な登りが最後の急登と言えるだろう。
ムジナ沢ガッチから下り購買の山道を約1時間刈り、最低鞍部を少し過ぎたあたりで作業終了とした。16時であった。
同じように刃の研磨と残った食料を食べ、16時20分に鞍部を出、ネズモチ分岐に30分後に到着。
18時10分、ヘッデンを使うことなくネズモチ登山口に着く。

9/16、残りの作業時間はほぼ3時間程度と考え、出発を遅くし、旧桜曽根林道を奥まで入り、そこから登ろうと向かった。が、途中の林道はこの間の雨で石が山のように散乱した箇所があり、予定を変更しネズモチ登山口から5時50分出発となってしまった。
上部ネズモチ分岐に着くと雨が当たり始め、仕方ないので合羽を着る。
8時10分に鞍部刈り払い機デポ地に着く。
8時20分より作業開始。途中休憩や刃の研磨を得て、予定の3時間作業時間よりやや早く終了。
13時35分にネズモチ登山口に着いた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント