ネズモチ管理棟での宿泊は✖

 毎日、雨雨雨ですね。
今日は、お泊りのお客様が20名ほどいますが、チャーターバスなのでキャンセルができずに何とか来ていただくことになりました。
なので、朝のうちにとネズモチ平管理棟内清掃に雨の中向かいました。
しかし、狭い管理棟の中になんとテントが張られ、周りには自炊をしたと思われる用具がありました。
7時を過ぎてましたので、すでに宿主は山へと向かったようです。
少々移動させてもらい、ゴミを掃きました。
煮炊き禁止の張り紙は役所にお願いして張っていただきましたが、今度は宿泊も禁止に注意書きを追加してもらわないといけません。
こんな日に、登山する人はいないだろうという独りよがりな考えなのでしょうが、中で着替えや休憩をする人もいるので独り占めは避けるべきです。
折角の良いテントが屋内では活躍の場がないじゃないですか。
 
明日は、二組キャンセルが出まして、お泊りの方は2名のみとなりました。
こんなに天気の悪い梅雨時期は初ですね。
0

6月も終盤へ

 ここの所、いろいろと多忙で久々更新です。
未だ、しばらく仕事のほかに合宿準備やら、保健所巡回などでいろいろと出なければならず、来週いっぱいは忙しく過ごせそうです。
 また週末は天気が悪く、土曜の団体様はキャンセルとなりました。
それにしても、この時期に雨が続くのは珍しいですね。ほぼ、空梅雨傾向なのですが、今年はしっかり雨が降っています。

昨日の朝、お客さんをネズモチ平まで送り車をデポし、再び六十里登山口に行ったのですが、平日にも関わらず駐車場は満車で路駐も何台かありました。
雨模様が続くとのことで、いろいろと繰り合わせ出掛けてきたのでしょう。

これだけ多くの登山者が山を利用するのですが、山開き前の行政からの予算はありません。
ほぼ奉仕で必要個所を整備し、山開きです。などと・・・。
まぁ、いろいろと不満はありますが、事故の無いよう登ってくださいってことですか。
0

守門岳山開き準備

 15日か16日のどちらかを守門岳整備にと考えていましたが、完全な雨では整備ができません。
なにしろちょくちょくザックから道具などを引っ張り出さなくてはならず、雨オンリーではぐずぐずになってしまいます。
 危険木回避表示の張り直し・道標四か所の埋め直し・虎ロープ4本設置・山頂植生保護ロープ設置・支障木カットを実施しました。
予報が悪くなければチェーンソー持参でという事も考えましたが、今回は表示板やらロープ設置もあるので、回避。
すべて手鋸と鉈で対応しました。
 特筆すべきはこの時期での異常と思える小雪です。この時期に水場の雪もなく、ましてや大池分岐までも雪が無いというのはこの時期としては初めてです。
それと、病的ともいえる強風ですね。ヘルメットを飛ばされ、素頭で下山しました。
 ということで、取りあえずざっとですが、守門・浅草主要ルートのパトロールを終了しました。
時間があれば、布引道の手直しもしたいところですが、折を見てですね。
下動画は、水場付近と大池分岐の先の雪堤です。
https://youtu.be/B-DX9lHczOY
https://youtu.be/wawowpSQhYA

17日、追記です。
とにかく、この土日は悪天でした。しかし、思わぬお客さんが居たりと、まずまずな土日といってもいいですね。
15日は、知人の八十里トレッキンググループが宿泊していただき、大いに飲食していただき良かったです。
それと、昨日は、本来当宿主催の八十里ツアーでしたが、圧倒的な悪天予報で中止と伝達したのですが、お客さんは自分たちで行くという事で早朝へ吉ヶ平まで送っていきました。
 山慣れしてるとはいえ、ずっと心配していましたが、無事所定の時間に到着。
大麻平手前小一時間のナコウ沢の増水だけが心配でしたが、大雨時間のタイミングより一足早い通過でしたから良かったのでしょう。
 
今週後半から登山客が続きます。
あくまでも予定ですので、この土日のように明らかに悪天予報の場合はキャンセルも出ることでしょう。
その場合のキャンセル待ちのお客さんの対応もしっかりしていきたいと考えています。
0

山開き準備第二弾

 サイトでアップしてますが、昨日はムジナ沢登山口から前岳直下まで登り、そこで植生保護のロープ設置。
その後六十里へと向かいました。
昨日の登山者は屈強の方ばかりで、私よりも大分お年を召した方々でも平気で六十里ピストンをやられていました。
とは言っても、登山のみだけの目的ですから荷物は最小限かと思いますので、歩くだけに徹すれば気は楽なのかもしれませんね。
 特に際立って特別なことはありませんでしたが、シラネアオイの花期が適期だったこととヒメサユリはさすがに早いなという事でした。
 昨日の登山者の方々はとても気さくな方々で、或るおばさんはおやつでもいかが?なんておっしゃってくださいましたが、お言葉だけいただいておきました。
 鬼が面山から下方に、わりと支障木があり、時間を要しました。
道標も来年春には取り替えないといけません。
 いろいろとやりたいことは多々ありますが、何しろ私一人での立ち回りなものですから、不備な部分等たくさんあるのが現実です。
おいおい、やっていきたいと思っています。
0

引き続き連投

 今日は朝から完璧な霧雨としっかりした雨。
逆に山に行かなくても済むかっていう安堵感に包まれた朝でした。
濡れた状態で、ザックの開け閉めは困るし、という事で今日はお休みしました。
山開き前ですので、1日たりとも無駄には出来ませんが、とにかくこんな日はお休みです。

軽く所用を済ませ、長岡のチェーンソー修理店へ400mmを持って行きました。
守門の農機具屋さんでは部品無しという事で連絡をいただいていたんですが、長岡の某ショップさんは「多分あると思います」とのこと。あとは、クラッチ系統かな?の異音が有るのでそれも一緒に診て欲しいとの事でショップを出ました。
その後、右往左往しワークマン店へ。
雨具の良いのが欲しかったんですが、うん万円という代物はもういいなと思い、5000円レベルの雨具を調達。
現在作業用で使っている雨具は○○リの3000円台の物ですが、これはすぐ蒸します。
この間、小千谷М氏と奥只見に着込んでいった際に感じたんですが、割とナイスな感触でした。
普通、登山に際し、多くの方々は雨なら登らない。万が一降った時のための雨具という認識で雨具を調達されると思うのですが、その場合、多少高くても見栄えの良い、機能性のあるものを選ぶと思います。ただ、私や私たちのように、雨の日の山仕事や登山道整備には雨風に関わらず、作業をしなければならない日も多くあります。その場合、機能性はそこそこで、経済性というのも必要になってくるのです。なので、最近は万単位の雨具を揃える意識から、5000円から10000円弱の物を複数揃えるという方式にうつりかわっています。まぁ、経済的に潤沢であれば数万円の雨具をガシガシきったなく使っちゃってもいいんでしょうけれど。
 その後、昼食を摂り小出の○○リで5本指ソックスを購入。
次に、○○ソーで、工具袋になるような袋を調達。工具袋には小さめのモンキー、プライヤー、マイナスドライバー、キャブ調整&チェーンソーオイル調整ミニドライバー、7mm棒ヤスリ、3.75mm棒ヤスリ、プラグ&ナットレンチ、六角レンチ各種、などの工具袋です。
 ついでにスパイク長靴を調達したいと考えましたが、あったのはスパイクは付いているが…・ていう紛い物に近い物ばかり。森組からの支給品が来るまで自前のスパイクが磨り減った長靴で当分我慢です。

そういえば、ちょっと前から近所の岩山に姫が咲き始めていました。
昨日の森組の現場でも作業道の端っこに姫のつぼみがありましたね。
現場ではアオダモの花がたくさん咲いていました。

さて、明日は雨は降らないみたいなので、クラシックルートムジナ沢登山口からトップハンドルチェーンソー持参で登山道の支障木処理後、前岳直下の植生保護ロープ設置。その後シャンクションから六十里道の支障木カット&道標設置や必要があれば安全ロープ設置などして六十里登山口に下山予定です。
一応、その他植生のチェックや自然環境の調査なども兼ね行く予定としています。
人工的な騒音を立てるかと思いますがご協力お願いいたします。
0

花の季節到来‥に近づく。

 今週は福田石材裏の山伏岩で、除伐と炭材の伐採作業でした。
炭材ですから、大きくてせいぜい30cm弱の直径までです。なので、チェーンソーは25cmガイドバー物で十分でした。
雪で、ほぼ横に生えていく木の伐採は切断した瞬間に撥ねることが多く、危険を伴いました。
 そんな感じで、割とスリリングに仕事していますと、さして暑くもない気温でも汗を大量にかきます。
水分補給は常温の水です。以前は、氷などを持って行き、融かしては飲むという感じでしたが、冷たいので量をたくさん飲んでしまうのと、周りがびしゃびしゃになってしまうというマイナス点もあるからです。

 山菜の時期も過ぎ、忙中閑ありといった感じで、今週も天気も良くなく週末は暇です。
ネズモチ平への車乗り入れも、明日には正式に入れる見込みだそうですし、トイレも使用可能のようです。
明日明後日と登山道整備の予定ですが、明日はあまり天気が良くなければ1日、中の雑用がてら体を休めようかなと思っております。
 行くとすれば、クラシックルートのムジナ沢から支障木を除去しつつ、嘉平与のボッチから前岳間のロープを張り、その後六十里までの間の支障木除去と危険個所の立ち入り禁止区域の明示、道標の設置などを考えています。
時間的には、朝から夕方まで掛かる感じですね。
0

開山準備はじめました

 昨日の朝はお客さんを送り出した後、浅草のロープ張りに向かいました。
ホテル跡前にゲートはありましたが、結局ネズモチまで入れました。
ほかの車も5台以上あって、宿泊されたお客さんも程なく大駐車場まで入れたようです。
駐車場まで入れるには入れますが、正規の開通ではないので、完全なる開通を役所などで確認し、入ることをお勧めします。
登山道はほぼ雪が無く、前岳直下あたりにいつもながらの雪が残っているのみでした。
 遅い出発であり、体調も悪く大変疲れました。整備用の用具一式ザックに詰めての山行で、プラス、トップハンドルチェーンソーと燃料オイルなどで荷物も重かったんですが、なんかおかしい感じでした。
途中でしゃりばてになり、弁当を半分だけ摂りました。
 山頂直下の広場に荷を置き、さっそく作業開始。おおむね1時間で終了。
一応無雪期今季初なので山頂に向かい画像を数枚撮り込み、下山開始。
残念ながら前岳直下にはまだ雪が数か所残っており、鉄筋棒を刺すことはできませんでした。
登りのネズモチコースはほぼ支障木は無く、下りの桜曽根もチェーンソーを使うことはほぼ無いだろうと思っていたのですが、かなりありました。
行きのネズモチコースも数本処理したのですが、チェーンソーのキャブの具合が良くなく、下りながら2回ほど調整しなおしました。
中径木を10本ほど処理し、3時に駐車場着。
↓ネズモチ前岳分岐
画像

↓山頂から守門
画像

↓小雪のわりになぜか残る前岳直下の雪堤
画像


画像