引き続き連投

 今日は朝から完璧な霧雨としっかりした雨。
逆に山に行かなくても済むかっていう安堵感に包まれた朝でした。
濡れた状態で、ザックの開け閉めは困るし、という事で今日はお休みしました。
山開き前ですので、1日たりとも無駄には出来ませんが、とにかくこんな日はお休みです。

軽く所用を済ませ、長岡のチェーンソー修理店へ400mmを持って行きました。
守門の農機具屋さんでは部品無しという事で連絡をいただいていたんですが、長岡の某ショップさんは「多分あると思います」とのこと。あとは、クラッチ系統かな?の異音が有るのでそれも一緒に診て欲しいとの事でショップを出ました。
その後、右往左往しワークマン店へ。
雨具の良いのが欲しかったんですが、うん万円という代物はもういいなと思い、5000円レベルの雨具を調達。
現在作業用で使っている雨具は○○リの3000円台の物ですが、これはすぐ蒸します。
この間、小千谷М氏と奥只見に着込んでいった際に感じたんですが、割とナイスな感触でした。
普通、登山に際し、多くの方々は雨なら登らない。万が一降った時のための雨具という認識で雨具を調達されると思うのですが、その場合、多少高くても見栄えの良い、機能性のあるものを選ぶと思います。ただ、私や私たちのように、雨の日の山仕事や登山道整備には雨風に関わらず、作業をしなければならない日も多くあります。その場合、機能性はそこそこで、経済性というのも必要になってくるのです。なので、最近は万単位の雨具を揃える意識から、5000円から10000円弱の物を複数揃えるという方式にうつりかわっています。まぁ、経済的に潤沢であれば数万円の雨具をガシガシきったなく使っちゃってもいいんでしょうけれど。
 その後、昼食を摂り小出の○○リで5本指ソックスを購入。
次に、○○ソーで、工具袋になるような袋を調達。工具袋には小さめのモンキー、プライヤー、マイナスドライバー、キャブ調整&チェーンソーオイル調整ミニドライバー、7mm棒ヤスリ、3.75mm棒ヤスリ、プラグ&ナットレンチ、六角レンチ各種、などの工具袋です。
 ついでにスパイク長靴を調達したいと考えましたが、あったのはスパイクは付いているが…・ていう紛い物に近い物ばかり。森組からの支給品が来るまで自前のスパイクが磨り減った長靴で当分我慢です。

そういえば、ちょっと前から近所の岩山に姫が咲き始めていました。
昨日の森組の現場でも作業道の端っこに姫のつぼみがありましたね。
現場ではアオダモの花がたくさん咲いていました。

さて、明日は雨は降らないみたいなので、クラシックルートムジナ沢登山口からトップハンドルチェーンソー持参で登山道の支障木処理後、前岳直下の植生保護ロープ設置。その後シャンクションから六十里道の支障木カット&道標設置や必要があれば安全ロープ設置などして六十里登山口に下山予定です。
一応、その他植生のチェックや自然環境の調査なども兼ね行く予定としています。
人工的な騒音を立てるかと思いますがご協力お願いいたします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック