今月も後半へ

 今となっては長い連休も遠い昔のようです。とにかく、月日が経つのは早すぎます。
 山菜も、数日前親戚の人が来て、生の山菜をあげたので、ほぼ冷蔵庫は空っぽになりました。
今週日曜の昼客の日程が良くわからず、来週になる可能性もあるため、冷蔵庫はとりあえず空っぽでもいいかな?と思っていたのですが、今週の日曜日に決定となり、近いうちにできるだけ山菜を集めないといけませんね。

さて、この日曜日は最後のテレマークスキーという事で奥丸へ出向きましたが、もっと巧くならないとやばいですね。
ゲレンデで、ちょぼとよぼやっている分には構わないですが、コブとかに行くとこれでは厳しいです。
まぁ、スキーは難しいです。どれだけやっても、なかなかうまくならないというジレンマですか、もっとも滑る機会があまり無いという事も言えるのでしょうね。
取りあえずは、今は息子のおさがりストックなので、バランスのいい軽いものにしたいかなと思っております。

昨日は、森組経営の山菜園の看板立て作業と、来週から行われる除伐作業の刈払い機の整備でした。
いよいよ、深山へ機械を担いでいくこととなります。
山菜園も9日オープンだそうで、ワラビオタクが各地から集まってくるのでしょうか。

一昨日は、再び公園の枯葉片付け作業でしたが、エゾハルゼミとアカショウビンの初鳴きを確認しました。
それとともに、タニウツギの開花が始まれば山菜も終わりの時期となり、山は夏山へと向かう事でしょう。

この記事へのコメント

鰤鯛鱒鮎
2019年05月23日 06:58
 タニウツギの開花は確かに初夏の訪れを告げていますね。山奥の湖では、ワカサギの産卵行動と表層回遊に出くわすと大イワナや湖沼型サクラマスのチャンスなのですが、それでもアカショウビンが鳴き出すと「ダム湖のルアー釣りも一服」という感じです。一方で渓流というか、本流のフライフィッシングは夏至に向けてこれからが本番になります。夕方、水面でトビケラの羽化が始まると尺ヤマメが騒ぎ出します。また7月に入ると各地で鮎釣りが始まります。
 日本海ではマダイやブリが釣れ盛っていますので、どうやって時間を工面しようか悩ましい日々が続きますが、平日は仕事と家事を頑張りましょう。
あさい
2019年05月24日 06:54
書き込みありがとうございます。
自分も組合員ですので、川へ出たいと思っていますが、なかなかですね。
これからは遊びの山スキーから離れ、仕事の山歩きとなります。

この記事へのトラックバック