5月最終日

 山菜なんてまだまだだな、と思っていたら、いつもことながら季節はぐんぐん加速し、もう遠い絵空事のようです。
他宿ではたくさんのワラビ刈りのお客様が来られています。
ワラビは、さほど苦も無く採れる、言ってみれば体力に自信がない方でもOK なので気軽に来れるのでしょう。

私は、連日森組の除伐作業があり、山伏岩の裏手の山に入っています。
初日は足場の悪い中、かなり疲労しましたが、毎年行っている作業なので日を追うごとに慣れてきています。
山仕事も徐々に軌道に乗ってきたという感じです。
 休憩時間には、小さな蜘蛛や尺取虫などがあっちこっちと忙しそうに這い回り、目の前にはブユとメマトイがにぎやかです。まったく、目の中に玉砕覚悟で入り込むメマトイ君の所業に参ることしきりです。
死にたいという認識は無いのでしょうが、本能のみという生き様はそれはそれでいいのかもしれません。

今日は午前中森組で作業し、午後から明日の午前中まで本業し、明日の午後からは夕方まではかみさんにお願いし、再び森組作業となります。
日曜は、朝御飯準備を終わらせ、守門か浅草方面にロープ張りにでも行こうかと思っています。
いつもは、5月中に動き出しますが、雪も少なく倒木もさほどない事を予想しての6月度開始としました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック