毎日暑いですね

 連日のリフト勤務での別作業など、終日表での作業とスクール業務ですっかり顔が焼けました。
今は男性も日焼け対策をするなどしてますから、焼けっぱなしという人は逆に珍しい存在になりつつあるのかも知れませんね。しかし、この年で肌のケアも何もあったものではないので気にしません。
 ということで、暇なんでしょうね、ブログを頻繁に更新する日々が続いております。

2/26、昨日ですが、江戸川区小学生8班中5班でした。
色々と問題視されていた生徒さんも居たようでしたが、特に気になりません。
ただ、無反応に近い反応という、あまり気乗りしない生徒さんではありましたが。
まぁ、よくある事なので気にする必要はありません。
休憩時前に一人足が痛いということで班を離脱。休憩に入った途端、もう一人が頭痛がするということで二人目離脱。
よくあるケースですので、これも気にせず、リフトへ。
一人、前が開いてしまうのでトライスキーを装着しカバー。
ホント、これは苦労せずハの字ができるグータラ装備です。
昔、こんなものがなかった時代には、ひとりづつ登ってはスキーのトップを抑え、後ろ向きで対応していた時代がバカみたいです。
午後から、休んでいた生徒さんが復帰。
すでに差がついていたにも関わらず復帰ですから、カバーできるのか?という疑念は残るところですが、これも気にしません。こういうケースは往々にしてよくあることですので意に介せず対応するしかないのです。
たまたま少人数班で順調に指導を進めていた孝之君班に出会い、余っていたトライスキーを借り午前中休んだ生徒さんに装着。
たぶん今年の江戸川区で一番大変な班だった気がしますが、これもどれも良くある話です。
 残念だったのは、ある程度滑れる班かな?というのを想定し、テレ板を持参したんですが、とてもテレ板を使う余地は全くなかったということです。
先行きどうなるんだろう?という班でしたが、最終的になんとか滑らせることができ、かつ、子供たちも楽しかった―――と言ってくれたので、記憶に残る講習だったと言えるかと思います。

しかし、暑いですね。まだまだこの暑さは続くみたいですが、これも気にしないようにするしかないですね。
気にしてもしょうがないですから。
日々、目の前のやるべきことをやるしか、それしかありませんからね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック