風・・・季節はめぐる

アクセスカウンタ

zoom RSS 盆ですね

<<   作成日時 : 2018/08/13 07:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 9

 昨日は予定通り、ネズモチ平駐車場と管理棟まわりの除草を実施しました。
この暑さとアブの発生時期にもかかわらず、20台ほどの車がいました。
しかし、管理棟内のトイレはいたってきれいで、掃除も●ンコをちょっと擦るレベルで、すぐ終了。
今年は暑いせいか、なんか草の伸びも今一つで、結構はかどりました。
それと、駐車場内も苔が進出してきており、苔のある所は草が生えませんから楽でしたね。
何年か前は、イネ科の植物が繁茂し、細かい穂をいちいちカッターで刈り取っていたことを考えるとはるかに楽になりました。
今は、苔類のところどころにススキがロゼット状になって生えているのみで、比較的楽に終わるのです。
ただ、笹刃で作業を行ったため、石に刃が当たるとすぐ丸くなるため、全部で4回ほど研磨しました。
やはり大駐車場とその周辺の法面や濾過室などを含めると、結構な広さですから、正味6時間ほどかかりました。
まあしかし、登山道整備に較べれば平らですから楽なものです。
それはそうと、マイ刈払い機の具合が今一つです。とにかくエンジンの掛かりが悪いのです。
農機具屋さんに診てもらおうかとも思っていますが、そろそろ買い替える時なのかもしれません。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
 刈払機はいつも絶好調で使いたいですよね。掛かりが悪い(始動性)との事ですので、全体的にガソリン混合気が「薄い」ように思います。キャブのセッティングは弄っていないと思いますので、仮に自分の刈払機の場合で原因を考えると、

1.エアフィルターが経年劣化で崩れている。
 →「空気がそのまま入り、結果混合気が薄くなります」
 ※逆にエアフィルターが異物で詰まっていると、エンジンが吹け上がりません。
2.点火プラグが消耗している。
3.マフラーに未燃焼のタールが詰まっている。
4.キャブのダイヤフラムが硬化(劣化)している。

ここまでだったら修理可能です。混合気が薄いまま使用を続けると「エンジンの焼付きが心配」です。またシリンダーの摩耗による圧縮漏れの場合は「買い替え検討」でしょうかね。

1.2番の修理なら自分でやって500円程度(毎年整備する項目だし)。3の整備もマフラー(サイレンサー)を自分で分解し、内部を灯油で洗浄すれば灯油代と廃油処理で経費1,000円程度。4のダイヤフラム交換も、部品の手配が出来れば実費で2,000円程度。というところでしょうか。自分はここで http://carburetor.ocnk.net/product-list/117 パーツ手配しました。。
一般的にはキャブの分解整備はプロに任せたほうが確実ですが。

 自分のバイクですが、エンジンがまったく掛からなくなり、良く見たら「サイレンサーの出口がドバチ(土蜂)によって塞がれていました」。しかも、サイレンサーの中からは「ドバチの幼虫の餌になる青虫」がごろごろ。生ゴミを処理するコンポストがバイクの近くにあり、それでドバチに狙われたようです。敵は眼前にあり・・かな。
鰤鯛鱒鮎
2018/08/13 17:51
細板さん、おはようございます。
この機種は、買って7年目くらいかと思います。
最初は掛かりが良すぎるくらいでしたが・・・。

作業をいったん止めて、5分くらいしてからスタートする場合は一発で掛かりますが、ちょっと間が開くと掛かりにくく、アクセルをやや開くと掛かりますね。
この症状は、私が森組で使っている刈払い機も同じような症状です。
森組はかなり使用頻度が高いのですが、私物は年に2週間弱の使用期間です。
それを除けば、若干、排気ガスのにおいが気になりつつ、エンジンは極めて良好で、吹き上がりも問題ありません。
ただ、これから、一晩山にデポする場合があるので、その時に掛からないかと不安になります。
実際、昨年もかかりにくい事もありましたが、朝一は一発ではありませんがそこそこ普通に掛かっています。

エアフィルターと言えば、昨年の晩秋(もう初雪が降った時期)に広神で枝打ちをしているときに、トップハンドルチェーンソーの吹けが異常に悪くなったことがありました。
エアーフィルターが木挽き屑の粉で汚れ、かつ、濡れてびっしょりの状態でした。
帰って洗剤で洗い、乾かして使ってみると治りました。
一応、フィルター関係はさほどではないと思いますが、当たってみたいと思います。
ご教示ありがとうございます。
かぜ
2018/08/14 04:52
この夏の暑さは異常だと思います。
1,200 - 1,700m ある蓼科高原でさえ,花が無い ( 7月下旬 ) んですよ。 ハクサンフウロなんか咲いていてもひどく元気が無い。
土樽(湯沢)あたりへ行っても,夏はジャングル的に草が生えてるのに,その葉っぱが元気ない。

花は咲いても,たぶん一日くらいで燃え尽きちゃうのではないか,草の勢いが無いのも夏過ぎるせいではないか,と思っています。

「地球温暖化は証明されていない」という説はある程度理解できるのですが - 深層海流の動き等の大きな気温ファクターについてはまだ分かっているわけじゃないし - だけど人類のせいで地球の気象がおかしくなっているのは間違い無いと思います。

もう遅いけど,温暖化ガスの排出は抑えるべき。 トランプ大統領は目先の国益のためにパリ協定から抜けちゃいましたけどね。

ある科学者が言ってた案「超複数個の衛星を打ち上げ,宇宙空間で単分子の反射膜を作りながら広げて太陽光を減らす」くらいの,馬鹿げて聞こえるくらいの対策がもう必要なんじゃないと思ってます。

まーく
2018/08/14 14:21
今年の高温による異常現象は、やせ地の樹木の枯れ・根無し草の枯れ、各種葉の枯れ、アリの個体数の減少、アブの個体数(イヨシロオビアブ)の減少、ススキの出穂の遅れ、各種雑草の発育不全(ま、助かっていますが)など、気のついた点です。
六十年生きていますが、初ですね。
こういう年に限って初雪が早かったりするんですよね。
困ったもんです。
 それんしいても、昨日のnhkの放送で、水中毒の特集をやってたんですが、普通にただ街中を歩く人のインタビューで、一日の飲む水の量が2から2〜3リットルとか言ってたんでびっくりです。
昨今水分補給というキャッチが所かまわず横行してて、何が何でも飲まなきゃならないみたいな風潮になってる気がしますね。
自分はそうは思いませんね。
水はほしくなった時に飲むし、時には場合によってはがぶ飲みもあります。
水分補給の仕方まで気使ってらんねぇわって感じです。
しかしながら、万が一のために、今後の登山道除草には最低2リットルは持参します。
平均2.5リットルですね。
あさい
2018/08/15 08:56
>>水分補給の仕方まで気使ってらんねぇわって感じです。
普段から鍛えておられるasaiさんらしいですね。
登山における水分補給では、以下のページが分かりやすかったですよ。
https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=420

 それにしても番組で取り上げていた「水中毒」ですが、番組自体美容を主題とした女性向けに制作されているようで、化学の基礎知識を前提としない説明ですからね。
 出演している人も、一般人という設定ですが、多くの場合は制作会社がタレント派遣業者に手配しているように思います。故にシナリオ上、大げさな事例や過剰な演出が出て来るのは必然かもしれません。
https://www.nhk.or.jp/beautyscience-blog/2018/128/303566.html
鰤鯛鱒鮎
2018/08/17 20:41
>>超複数個の衛星を打ち上げ,宇宙空間で単分子の反射膜を作りながら広げて太陽光を減らす」くらいの,馬鹿げて聞こえるくらいの対策がもう必要なんじゃないと思ってます。

 僕の試算だと、日本の人口密度(335人/km2)と目標国土被覆率(仮に10%)、衛星の打ち上げ費用(仮に100億円/1回)、宇宙空間における高分子薄膜材料の耐用年数(仮に5年)、打ち上げ成功率(仮に90%)、失敗事例の処理費(仮に1回あたり50億円)等を考慮すると、技術的な課題が全て実行日までに克服可能としても、
「まーくさん案(宇宙日傘)」の費用は国民ひとりあたり、「1年毎に8百万円〜1千2百万円くらい」かかり、全部の衛星を打ち上げるのに全県に発射場所を作って毎週打ち上げたとして、一巡目整備だけで160年くらいかかりますが、衛星と薄膜の耐用年数の関係で永遠に日傘システムは完成しません。1年毎の必要費用は現在の国家予算のざっと10倍です(毎年)。
 そして最初の打ち上げから数年後、耐用年数を迎えた衛星が毎日毎日空から落ちてきます。これに備えて全国民へのヘルメット配備費用2千6百億円を追加しておきますね。
鰤鯛鱒鮎
2018/08/17 20:42
鰤鯛鱒鮎さん、マークさん、いろいろと詳しい情報などありがとうございます。
いずれにしても、今年の夏というか初夏から、いえ、3月あたりからの高温は異常でした。
そして、いとも無造作に今度は寒いくらいのシビアな温度変化。
うちの年寄りも、もう電気毛布を掛けて寝ているようです。
今朝も、もうストーブが欲しいような寒さです。(笑)
かぜ
2018/08/18 05:59
鰤鯛鱒鮎さま,試算ありがとうございました。

ええまあ,実際には単分子幕にしろ,その材料を上げるペイロードを考えただけで無理そうです。 ちょっと異常なことをやってみるくらいじゃないとダメなんじゃないかと言う例で挙げさせてもらいました。

水中毒はわたしも見てませんが,たぶん女性向けの番組なんでしょうね。(女性がみんな頭悪いとは思ってないですが。)

水と言えば,モデル御用達の超高硬度の水 Contrex なんか依然として売られて(買われて)いるようですが,これなんかも,ダイエットにいいとか眉唾です。 確かにお腹を壊す人はいるかも知れないけど。

うちは,エアコン入れてない部屋は38℃まで上がり,7月いっぱいと8月初めまで,ふつーに体温超えでした。 少し涼しくなって嬉しいです。
まーく
2018/08/18 11:56
asaiさん、まーくさん、おはようございます。爽やかな朝です。先日、これまたNHKですが、北海道釧路市への季節移住の話題が出ていました。日本で一番夏が涼しい町が釧路(とその周辺地域)だそうです。年々季節移住の方が増えているそうです。暑さが苦手な方はご自分の判断で最適解に辿りつくのでしょうか。
 花粉症が苦手な方も春以降北海道に季節移住する場合もあるようです。厳寒期の場合は逆に西日本の太平洋側の温暖な地域、あるいは九州沖縄に移動する選択もあり得ますね。
 人口減少社会の中の動きとして、今後も少しづつ同様の事例が増えてゆくかも知れませんね。
鰤鯛鱒鮎
2018/08/20 06:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
盆ですね 風・・・季節はめぐる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる