アルペンスキーもまた楽し

 この土日は山スキーの単独行者がお1人いたのみでした。
土曜はスキー場でのリフト勤務でしたが、暇なのでリフト従業員の若い方を指導。
来週一級を受験するとのことです。
小回りと不整地小回りがかなり良くなく、1週間でのレベルアップは厳しそうです。
小回りの場合は、やはり上半身と下半身の逆ひねりがないと連続ターンは難しいのですが、端的に言うと、彼には上半身の使い方がまるでないというパターンです。
スキーは「足前」などと言われますが、足の動きをよくするためには、上半身の使い方ができないと無理です。
上半身のブロッキングをしっかりさせるとスキーは勝手に回ってくれるからです。
 私自身もひさびさにアルペンターンをし、彼に教えつつ自分の練習もできました。
コブ滑りもできましたし、良かったかなと思います。

また、午後からはカンジキをつけて山も少し歩いてきました。
リフトの係員のベテランさんが猟をされるので、勢子で行きました。
気温も低く、足跡はまるで分らず、しかもザクレ雪で音がする雪でしたので、早めに感づかれボーズでした。

昨日の守門はBCの人が結構入っていたみたいでしたね。
午後3時ごろに何人かがスキー場を滑って帰る感じでしたので、スモップ隊だったのでしょう。
本高地沢を何本も登り返し、楽しんできたのだと思います。
泊まられた方はスキーでしたが、みなさん、最近太めのロッカー板が主流のようですね。
トップが軽く反りあがっていますから、悪雪や深雪にはイイのでしょうし、クラストなんかにも効果ありそうですね。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック