風・・・季節はめぐる

アクセスカウンタ

zoom RSS 七月

<<   作成日時 : 2018/07/01 11:49   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

 ずっといろいろ多忙で、やっと一息付けます。
今日のお昼は近くの「かむら亭」にそばを食べに行ってきました。
ぶっかけ蕎麦の単品ですが、値段もリーズナブルで美味しくいただきました。
 花愛で登山もそろそろ終わりなのか、近くのテーブルには御婦人様の方々が、あんまり花はなかったとおっしゃっていました。
ただ、一般ルートのネズモチから桜曽根周回はあまり花が無いんですよね。
あと、人の都合に合わせて花は開花しませんから…・。
花は少なくてもいいじゃないですか。
今日なんか、景色は良いし、朝方の六十里の朝もやも綺麗でしたし。
それだけでも命の洗濯ができるというものです。
逆に景色も、天気も良くなくても、山頂に至り、雨天の中、下山完了したとしても、私は満足ですね。
山に行ってキターーーーっていう、達成感だけでも大満足ですけどね。
変人かな?

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
「人の都合に合わせて花は開花しませんから」
名文句ですね!

花は毎年同じ日に咲くわけじゃないし,どうしても見たければ,何回か行ってみるしかないんですよね。 天候だって,明日の天気予報が当たらないこともあるし,人の都合なんか知らねーわ,って感じ。

人は自然に対して,とても傲慢。
ま&#12316;く
2018/07/03 15:14
 個人的な見解ですが、自分的にも「花の咲いていない山行でも全然大丈夫」です。「美味しい弁当」と「心地良い疲労」と「帰ってからの冷えた発泡飲料」があれば、海でも山でもそれだけで大満足です。
 純然たる個人山行であれば、雨が降ろうが槍が降ろうが「自分の世界の満足」で構いませんが(自分も含めて男性は特にその傾向有り?)・・・駄菓子菓子!!

 お客さんを相手にする「ガイド業務」では安全管理を徹底した上で、例えば「花々が咲き誇る旬の山に円滑に案内できるか(楽しい思い出を提供出来るか)」どうか?と言った、「女性のニーズを捉える事」が営業的に大切なのでは・・・とマジメに思いマス。

 今時、BCスキーでもパウダーを外してばっかりのツアーは、多分お客さんからは「ダメツアー」と呼ばれます。「多くの引き出しから旬のパウダースノーを楽しくガイドできるかどうか?」でガイド業者間で「営業面の差」が出るのかも知れません。

 さてさて花情報に戻りますが、スマホの普及でかなり様相が変わりましたが、それでも「現地からの生の情報は貴重」ですし、働き盛りの忙しい年代であれば尚更、例えば関東圏から毎週通う(複数山行)のも難しいでしょう。
 時には「お客さんの我が儘」に腹の立つこともあるかも知れませんが、競争の厳しいサービス業ですから現在の大雲沢さんの取り組みを継続いただき、「親切で的確な情報提供」が「お客さんには有り難い」と思いマス。
 当方は微力ですが、大雲沢さんを応援しています。
鰤鯛鱒鮎
2018/07/03 22:20
まぁくさん、こんにちは。
名文句ですか、あんまり意識はしていませんでしたけれども。

ヒメサユリの山ということで、有名な人が書いた文章に吸い寄せられて皆さんやってくるわけですが、場所に拠るんですね。
六十里登山道では、割とコンスタントに見れますが、それであっても一面に咲いているわけではありませんから。
かぜ
2018/07/04 04:18
鰤鯛鱒鮎さん、こんにちは。

以前は副業をしていませんでしたから、結構山の様子を見に行ってました。
ですから、花だけを目当てに行くのであれば、ムジナ沢登山道からいくらも歩かない岸壁にたくさん見ることができますし、六十里登山口から数十分のところに群生している箇所もあります。
花を征服(SNS投稿など)し、山の頂に立つという、いろんなことを一度にやっちぇっっていう、やっつけ仕事をやろうとしている登山者が多いということでしょうね。
 今年はとにかく異常でしたね。
ネズモチ管理棟の掃除も担当させてもらっていますが、昼頃に行けば掃除はスムーズに終わるのではないかと向かったんですが、掃除中の看板を出しているにもかかわらず、順番待ちで並ぶというありさまで、しかも汚物が山のように散乱。これも,直始まる、交通止めの影響と、テレビ放映された影響なのかもしれませんね。
かぜ
2018/07/04 04:28
 駐車場とトイレのキャパについては、守門・浅草界隈以外の山域でも課題ですよね。300〜500人が特定の日に集中すれば、掃除やトイレの処理能力も追いつきませんね。越後駒の小屋トイレも管理人さんは御苦労されています。男性は外で用を足すことが出来ますが、女性はそうもゆきませんし。
 水洗トイレには水の確保と後段の処理工程が必須ですが、「7月上旬の特定集中日」の水の確保については「雨水貯留のサブタンク設置(追加・併設)」が現実的かも知れませんね。
鰤鯛鱒鮎
2018/07/04 06:38
鰤鯛鱒鮎さん、こんにちは。
返信遅れました。

やはり、パーティー登山の場合は、男女混合が多いので、歩き出し前の排泄は自然な行為かと思います。
ただ、。最近はやたら水分補給ということで、多くの水分を摂られる方がが増えてはいるようですね。
自分も、血圧高いので、水分量は気にしますが、飲みたくないのに飲むという行為はあまりしません。

越駒あたりは大変みたいですね。
人気の山であり、百名山でもありますから、その糞尿の量も半端ではないと思います。
あさい
2018/07/08 13:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
七月 風・・・季節はめぐる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる