風・・・季節はめぐる

アクセスカウンタ

zoom RSS 一人ぽっちのコブ連

<<   作成日時 : 2018/05/13 18:46   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 平日は、森組作業も始まり、薪材をカットしたり、公園内の枯れ枝を処理したりしておりました。
また、作業後は知人の燃料用薪の寸断を毎日一時間強ほど、四日間続けました。
それも昨日で終了。
 昨日は、栃木のジュニアの面々が奥丸で練習とのことで宿泊でした。

 今日は、朝飯を終わらせた後、天気も良くない予報でしたが出掛けることにしました。
先月、細板氏からいただいたクリスピのテレブーツの試着も兼ね、奥丸へ。
奥丸最終日につき、混んでいると思いきや、そうでもありませんでした。
雪は、上から圧雪車で引っ張ってきたらしく、一応下まで雪がありました。
ボーダーと基礎ラーが主で、一般スキーヤー^は僅少でした。
テレマーカーは私含め、わずか2名。もう人方はコブは滑らない方のようでした。
ストックはせがれの使っていた110cmなので短めでしたが、コブではちょうどよい長さでした。
インターバルの程よいピッチだと、ほぼ滑れるようになった気がします。ただ、基礎ラーの極ピッチの小さなものには、やはり間に合いません。
この場合、基本ポジションをさらに低くくしないといけないかもしれませんね。そのためにはストック長を100cmくらいにしないといけないかもしれません。
あとは浅いコブの溝コブの場合は、コブの腹を削ることができないため、溝に当てていくテレマークスキー技術も身につけないといけません。
あと、収穫だったのは、天然コブのやや急な場面は、何となくコントロールして滑り切れた場面が割とありました。
やはり、全般的に、ストックワークが悪く、体が回ってしまう場面があり、ターンの捻り戻しがうまくいかない場面が多々ありました。
画像

画像

画像

画像

画像

7本くらい滑った後、雨が結構降ってきたので、怪我しないために早めに終了。
本当は、滑り足りない感じもしましたが、根詰めたところでいきなりはレベルアップは難しく、一旦持ち帰り、動画などで研究したいと思った次第です。
 帰りは、過去に勤務したことのある、某銀山平の蕎麦屋に寄りましたが、今年から予約客のみとなっているため、湯之谷の心亭で蕎麦を食いました。
あまり期待していなかったのですが、美味かったです。ひょっとして魚沼1かも知れないなぁ〜と…。

話は戻りまして、今回はスカルパブーツではなく、細板氏から譲っていただいたクリスピで滑ってみました。
カフがややスカルパT2より長く、ホールド感はイイですね。
エッヂワークもいいようです。
何より、気持ち悪いほど、蛇腹が曲がり過ぎないことがより自然でした。
タイトに踏める感覚でしょうか。
 60歳のコブ連、それもテレマークスキー。ちょっと年齢考えた方が良いかもしれませんが、どうなんでしょう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日はありがとうございました。丁度海に出掛けていたタイミングでした。テレマークブーツ、どんどん活用下さい。車はどうか分かりませんが、「ブーツはやっぱりイタリア製?(クリスピー)が好きです」。作りが良くて永く使えるんですよね。細板用の革靴(クリスピーやスカルパ)は15年以上使っています。
 プラブーツもテレマークの場合は「ナイロン系の樹脂」だったと思いますが、アルペンブーツよりも寿命が長かったような。
細板革靴
2018/05/14 06:36
おはようございます。

最初に履いたのが、スカルパT1レーサーでしたが、これが固く、ほとんど蛇腹も曲がらないといった感じで、テレ指導員の方にも、もっと柔らかいブーツがいいと言われておりました。シェルが小さめで、親指が真っ黒になったために、暘二君に譲り、T2を買ったはいいですが、今度は蛇腹が柔らかすぎて、ほとんど親指の母指球から爪先までの過重となっておりました。
今回のクリスピはそういうことがなく、自然に荷重できるのがありがたいですね。
あさい
2018/05/14 07:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
一人ぽっちのコブ連 風・・・季節はめぐる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる