風・・・季節はめぐる

アクセスカウンタ

zoom RSS 緑も色濃く

<<   作成日時 : 2017/05/26 06:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

 今週から公園整備作業で、不良木を処理したり、園内清掃などをしております。
月曜は天気も良く、チェーンソーの刃研ぎや鉈研ぎなどをしながら入り込み調査をしていました。
アカショウビンの初鳴き、エゾハルゼミの初鳴きを確認。
タニウツギもところどころ咲き始めています。
至る所に残っていた残雪もほぼなくなり、緑一色となりました。

明日あたりから、いよいよ夏山に向けてコースチェックや整備を開始します。
とりあえず、明日は守門岳山頂部分の植生保護ロープの設置と、三本の道標新設(田小屋・大池分岐は雪があるため再来月)、不良木簡易処理などを実施予定です。


今回のスキー仕舞いは十分価値のあるものでした。
今現在の自分の欠点が如実に動画にて判明し、このオフにそれらの課題を整理。イメトレで、ある程度レベルアップできるのではないかと考えています。
 検定もあり、今年はテレマークスキーをかなりやりました。
ナイターを5回、日中のスキー場練習(講習会も含む)13回、山スキー7回、計25回でした。
アルペンスキーは24回(うち3回は研修会)でした。
スキーに関しては、良く滑ったなと言う感じです。
膝に負担がかかるのがテレマークスキーですが、腰には意外にやさしい気がします。
一方、アルペンは膝の曲げが少ないため、ダイレクトに腰に来ます。
どちらも一長一短ですね。
山スキーはアルペン機種が断然有利な気がします。
昨今、テレの金具も踵が大幅に上がるタイプが有るようですが、一般的な金具はアルペンスキーよりも踵が上がりません。
よって、登りはあまり得意ではないと言えます。
ただ、平らな場面では、テレは相当有利です。これは、アルペン金具の場合、踵が上がり切ってしまうために、平地での歩行はスリップしてしまう場合が多く、不利という事です。
滑走は、アルペンは断然有利と言えます。
股関節の捻りがダイレクトに角付け作用するので、エッヂ着替えが俊敏です。
膝を軽く曲げる程度でいいので、疲労度も少ないですね。
ただ、アルペンは安易にターンできるため、達成感(滑った感)はテレが格段に上です。
いろんな斜面や色んな難条件クリアに際しても、テレは難易度が増します。
 要は、自分の場合ですが、テレをやる前は「スキーなんて、こんなもん」と言う達観した考えがありました。
しかし、テレを始めた後、改めてスキーの難しさや楽しさを知ることが出来、アルペンターンもまた楽しく思えてきたのです。
ということで、ちょっと横道にそれてしまいましたが、スキーに関しては有意義なシーズンだった気がします。
逆に色んな課題ができて、テレ指導員不合格は逆に良かったんではないかと。
そう思えてきました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
気持玉、ありがとうございます。
かぜ
2017/07/02 05:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
緑も色濃く 風・・・季節はめぐる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる