風・・・季節はめぐる

アクセスカウンタ

zoom RSS スキー場から守門

<<   作成日時 : 2017/04/07 06:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

 5日、午前中、知り合いの家の庭先の木を切ってくれという要請があり、久々に立っている木を伐採。
せいぜい20p強程度の径でしたが、久々に緊張感を味わい、暑かったので大汗をかきました。
その後、それをこなし、2時間くらいで終了。

 6日、お客さん3名と守門岳を目指し、大原スキー場から登りました。
最近、有雪期はほどんどスキー山行なので、カンジキ山行は久々でした。
スキー場裏の通称兎峰は、途中の急斜面の所に大きなクラックが遠くからも見えており、それがちょっと心配でした。
しかし、その手前の平らな尾根が下にずり落ちており、数メートル藪を歩き、さらに西側の斜面を歩きました。
上部のクラックは思っていたより、だいぶ右側でしたので、ほとんど影響ありませんでした。
小烏帽子(1348)に着くと、後方からテレマーカーのペアさんが追い付いてきました。
体力が有り余っているようで、ぐんぐん私たちを追い越して、あっという間に山頂に着いたようです。
やはり、若さには敵いません。
 気温は全体的に高く、スキー場の山頂で上を脱ぎました。
田小屋尾根からは若干風も出てきたので、再び着ました。
テレの方には難しい雪だと感じましたが、やはり滑走性は極めて悪い感じのシュプールでした。
数日前の新雪が腐り、重い層が10pほどあって、曲がり難い感じでした。
 下山時の田小屋尾根からスキー場に向けての急斜面は慎重に下りました。
幸い、雪が柔らかくステップも刻みやすかったので、スコップとザイルの出番は無しでしたが、良かったですね。
 何度も歩いたコースですが、久々に歩くと、また違った視点で見れるんですね。
まずまずの楽しい山行でした。

zioさんから撮って頂いた画像です。↓
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
先日は大変お世話になりました。
おかげで、雪の守門岳を満喫することが出来ました。
丁寧にステップを切って頂けたお陰で、何とか無事下山する事できました。ありがとうございました。

帰り、トンネルを抜けると前橋は桜満開、
その変化に、改めて驚かされました。
zio
2017/04/08 13:05
その節はご利用のほど、ありがとうございました。
私も久々にあのコースを歩くことが出来、良かったと思います。

今後も皆様の御活躍をお祈りいたします。
かぜ
2017/04/08 14:52
気持玉、ありがとうございます。
かぜ
2017/05/23 05:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
スキー場から守門 風・・・季節はめぐる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる