風・・・季節はめぐる

アクセスカウンタ

zoom RSS 29年前のビデオカセット

<<   作成日時 : 2017/02/24 05:51   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

 三寒四温と言いますか、日に日に気温が上がり、雪はまだ降るものの、あまり積もらなくなったようです。
おそらく、地面の温度も上がっているのでしょうか。
裏のブル除雪もしなければいけいなぁ〜、と思いつつサボっていたら、さほどでもなくなっています。
このままだと、月曜あたりでもいいのかなとさえ思っているところです。

20日は思いがけない宿泊のお客さんが居り、そのほかやることも無いので終日雑用や仕入れ、仕込みをしておりました。
21日は午前中は江戸川小学生の事前講習に参加。
事前ではリフト不可なので、ある程度滑れる班でしたので時間が経つのが遅く感じました。
22日は江戸川区小学生のA班担当。
朝一に、ちょっと重いパウダーをいただきました。
板は普通のベクターグライドのアルペン板でしたが、アルペンポジションの新雪もまた格別です。
 講習班は滑れる班でしたが、パラレルで滑れる子がいたとしても、それは緩斜面だけでの話なわけで、注意が必要だと感じました。
技術的なテーマを少し与えつつ、午後には斜面の途中でまっすぐ滑ることをやりました。
つまり直滑降ですね。
怖がりの子供たちは少しハの字にして滑ったり、曲がったりしていましたが、スピード好きな子供たちはガンガン行きます。
やはりスピードを出して風を切る快感は楽しいようです。
滑り終って、何キロくらい出たと思う?と聞くと、300キロくらい!と元気よく答える子もいました。
実際には0を1個取ったくらいだと思います。

昨日は久々にお宅していました。
テレの教程やらを読んだりまとめたりしていましたが、小1時間もするとすぐ根気がなくなりますね。

ここ数日、昔のビデオを発見し、懐かしく見入っています。
29〜30年前に取ってもらったビデオ群ですが、自分の癖や苦手な部分など逐次垣間見ることが出来ます。
地元大原での映像が3種類、浦佐最後のシーズンの映像、奥只見丸山でのコブ滑りがありました。
一番古いものは27歳くらいのものなのかもしれません。
今からすると実に「臭い」滑りなんですが、なんか一生懸命感が伝わってきますね。
次が、浦佐での4シーズン目の滑りです。
これはコースを担当(3日間コースと5日間コース)があり、途中にビデオレッスンがあるわけです。
その見本というか、生徒さんの前に滑るのを研修生の方々から撮ってもらったものです。
やはり生徒の手前上、きっちり形を決めて滑っていました。
そのシーズンあたりから、浦佐ではクローズドスタンスからややナチュラルなスタンスへと変わってきていた時期でもあり、浦佐の若手たちもオープン気味のスタンスで滑っている方々が結構いましたね。
ただ、今のようなカービング板ではなく、ほぼ2m前後の板でしたので、今のような脚を外側におっぽり出すような滑りでは対応できませんでしたが。
要は、股関節をあまり捻らず、腰全体でエッジングしていくようなそんな感じの滑りに少し変わってきたような時期ですね。
そういう流れのある中で、春に大原の指導員仲間と奥只見に行ってビデオ撮りをしました。
今の長男が生まれたばかりのころで、ビデオカメラを買ったわけです。
この日のテーマは、なるべくラフに開脚をイメージして滑るという事がテーマでした。
板はフォルクルの205cmだったと思います。これで前年度クラウンプライズに2度目のチャレンジで、受かった板でした。
コブがあるので、かなり暴れていましたが、それなりに今までとは違う滑りとなっていました。
ただ、ずっと癖であった首が前傾してしまう姿勢なので、どうしても直に力が伝わらず、ターン後半に詰まってしまうパターンでしたね。
 次年度、大原での画像もありました。
春先でしたが、固く締まったアイスバーンで、しかも痔を患い中、痛くもありましたm(__)m。
 その次の年は、準指導員を受験する5名の若手とともに写っていた画像でした。
この年は、ブーツをコフラックのリアエントリーからノルディカに変え、板も再びカザマに・・。
リアエントリーは、脛が比較的起きているので、それをカバーしようと脛の前傾を意識していた気がします。
故に、首の前傾も過多になっていたのでしょうか。
このときは、いかにもオーソドックスな滑りをしていました。
 そういった一連の昔の滑りを見て思ったことは、用具の進化によって滑りは変わっているが、基本的な部分は昔と変わらないという事だと思いますね。
この後、数年後にスキー長が長いままのカービング板が出現し、今から20年くらい前あたりから徐々に短いカービング板が発売されたようです。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
気持玉、ありがとうございます。
かぜ
2017/03/15 04:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
29年前のビデオカセット 風・・・季節はめぐる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる