風・・・季節はめぐる

アクセスカウンタ

zoom RSS 久々の平湯温泉

<<   作成日時 : 2017/02/19 04:59   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

今回は無理せず、朴木平の近くの民宿を手配。
リーズナブルではあったが、うちに較べるとちょっと高いかなという感じ。
ただ、地元産の飛騨牛の陶板鍋などもあり、かなり食事にはボリュームがあった。
行程は、このあいだの帰路と同じルートをたどったが、15日は雪のため飯山あたりまで時間を要した。
結局、宿を探したりしていたので、おおむね七時間強かかったようだ。

今回のスキルアップ講習会は必須参加となっており、昨年以降不合格であった方々も居られ、10名の参加であった。
受験準備講習会は7名であったが、そのうち知った顔の方が5名という事で、2名がスキルアップ講習会参加を見合わせたようであった。
基本的内容は、ほぼ基本技術の反復に終始し、時折実践種目を交えた形となった。
基礎種目は自分的には問題なしという気がする。
あとはミスをしないという事であろうか。
心配なのは、小回りターンとジャンプである。
小回りは、やはりよくわからない。
ジャンピング系で行くべきか、ベンディングで行くか悩むところである。
ジャンプは、さほど距離をどうとかいうのではなく、最低限度の距離を出せば○というニュアンスだったので、ちょっとだけ恐怖心が薄れた。
これは、2011年に大原で単独でジャンプ練習をしていた時に、着地に失敗し後頭部から落下し、頚椎ねん挫と肋骨にヒビと言う怪我を負ったからである。
昔は、浦佐のカーニバル時に研修生やパトロールを対象に、強制的に大ジャンプ台を飛ばされたものである。
おまけに飛び出し地点には火の輪が設けられていたのである。
当時は10mくらいは飛んだであろうと考えられる。
年を取るとだんだん保守的になってくるものなのだろうか。

2日目はあいにくの雨混じりの悪天。
指導シュミレーションを行い、一時は頭が真っ白になったものの、なんとかクリア。
午後からは、それぞれ班費く練習を行い、小回りも多少いいイメージが出来た気がした。

ミスは当然いろんなものにつきものではあるが、如何に最小限に食い止め、途中のリカバリー能力も試されるところである。
今後の練習課題は、練習でも常に本番、という意識を強く持ったトレーニングをする必要があろう。

帰りは、やはり松本まで出て、長野市経由であったが、長野市で渋滞に巻き込まれたり道を間違えたりで、ずいぶん時間を要した。
長野市経由をしない、志賀高原周りもアリかなという気もする。
今時珍しい、カーナビのない車なので仕方ないのである。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
気持玉、ありがとうございます。
かぜ
2017/03/15 04:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
久々の平湯温泉 風・・・季節はめぐる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる