風・・・季節はめぐる

アクセスカウンタ

zoom RSS シロ、天国へ

<<   作成日時 : 2016/11/26 07:42   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5

 ここのところ、まったく食べられず、ほとんど伏せっていたシロは、昨晩16年の人生をまっとうしました。
最近はほとんどシロと山に行けませんでした。
昨年の浅草岳、六十里下山が最後の山行きとなりました。
 思えば、シロとは毛猛山塊を幾度となく岳友として歩き、私の山先を行い、兎猟ではうるさいほどの吐息でウサギを逃がし、それでもラッセル隊長として貢献してくれました。
シロとの思い出は尽きません。
もうあんな相棒は現れないと思います。
今後、折を見て、シロとの山行きをホームページにて画像入りでアップさせていただきます。
ずっと、シロを応援してくれた皆様には大変感謝いたします。

下記ページで、シロのギャラリーと一緒に歩いた代表的山行を表示してあります。
http://www.ookumosawa.net/siro.html

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ご冥福をお祈りいたします。
シロは立派な岳犬でした…
トリビュート記録楽しみにしてます。
mt-sam
2016/11/26 21:30
mt-samさん、こんにちは。
ありがとうございます。
とにかくシロは山好きでしたね。
紀州の血が少し入っているせいかどうか解りませんが、猟欲だけは強かったようです。
何かを獲れるわけではないんですが、何か居れば必ず追い掛け回すという😢習性でした。
どうもそこらへんは飼い主に似たようです。
初秋頃にはまだ、道路のバッタなどを追いかけ回すことくらいできたのですが、まぁ、寿命ですね。
座敷犬と違い、外の犬小屋生活でしたが、雪山や藪山や登山道を駆け回り、充実した一生だったのではないかと思っています。
ここ数年は私もシロ無しの単独山行が多く、なんだかそれに慣れてしまった感があります。
一緒に山に行こうと尻尾を振るのが居なくなると寂しいものがありますね。
これから、火葬に行くところです。
あさい
2016/11/27 13:54
写真見せていただきました。
シロは,かわいくて,かっこいいですね。

ご冥福をお祈りします。
16歳なら,寿命を全うした感はありますけど,やっぱり淋しいだろうな,と思います。
mark*
2016/11/27 16:17
まーくさん、おはようございます。
昨日、斎場で焼いてもらいました。
骨はいくらもなかったですね。

家族の中で、一番多くの時間を共にしてきたので、寂しい気も致します。

今回、サイトアップしているものは、シロが写っているときの山行き(一部写っていないものもありますが)代表的なものしか載せておりません。
山菜採りや猟などに連れて行っていたので、数百回は一緒にフィールドに出ていると思います。

シロはカメラを向けると、必ずそっぽを向くので、正面からの画像が圧倒的に少ないのですが、偶然、良いショットが撮れたりします。
ASAI
2016/11/28 05:49
気持玉、ありがとうございます。
かぜ
2016/12/31 04:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
シロ、天国へ 風・・・季節はめぐる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる